立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第152回 例会記録

140831.jpg
立川TMC 第152回例会記録

今回、総合司会者を務めました。
前回の例会では60名以上の参加者があった同じ場所で、今回は第5週目の開催あってか人数は少し少なかったですが大変熱い例会でした。

まず、会長から前回のパーティーが成功だったのでその御礼と、
次回のコンテストの案内をお知らせがありました。
今日の言葉を紹介していただいたKさんは「こだわり(こだわる)」を提示して、友達が自家製のポン酢を作っているところからヒントを得て説明されているところがとても印象的でした。

各役割の紹介後、準備スピーチとなり、
1本目のSさん、「祖父が伝えたかったこと」というタイトルで、あまりSさんとは交流が無かった祖父を捉えている情景がとても良く分かり、改めてSさんの表現力が素晴らしいものだと分かりました。

2本目のRさん、「わくわく出かけましょうⅡ-旅の真髄」と言うタイトルで、外国に行ったときのエピソードを楽しく語っていただきました。Rさんが話されるときは本当に楽しそうに話されて、それが私たちに伝わってくるところがとても素晴らしいものでした。

論評者のMさんはSさんのスピーチの論評で、落ち着いていて、スピーカーの表現力の素晴らしさを強調していました。
論評者のTさんは、Rさんのスピーチの論評で、独特のTさんワールドをに聴衆を引き込み、素晴らしいスピーチを披露していました。

総合論評は今回初めての役割となるYさん、とても緊張されているのが伝わってくるが良く分かりましたが、論評者である、TさんとMさんをきちんとコントロールされ、例会全体を見た感想を述べられていました。初めての役割としてはとても緊張しているように思えないほど、的確なコメントを話されていました。

その後に行われた、Kさんによるワークショップで「効果的なブレーストーミング」ど題した新しい提案方法についての話がありました。各グループごとに別れ、課題に基づいて新しい提案を導いていく過程で、さまざまな考え方があることに改めて気づくことが出来たとても充実した時間を過ごすことができました。

ワークショップが終了し、表彰式となり、最優秀論評賞はMさんに最優秀スピーチ賞はRさんに決まり充実した例会は終わってしまいました。
次回は、とうとうクラブ内コンテストとなり、またわくわくした時間が過ごせることを期待しています。

役割に当たられていた方はお疲れ様でした。