立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第153回例会

日時:2014年 9月 14日 (日曜日)13時30分~15時45分
場所:立川市(新)柴崎学習館 作業室 地図はこちら
140914.jpg

2014年9月14日のユーモアスピーチコンテストの実行委員長を務めましたS波です。
初実行委員長でしたが、審査委員長のエリアガバナーD井さんと皆さんのフォローのおかげで何とか無事コンテストを成功させる事ができました。
出場者は7名と多数の方にスピーチをしていただき、非常にレベルの高いコンテストでした。

スピーチの順番はくじ引きです・・・

1番目 H川さん
2番目 T中さん
3番目 K島さん
4番目 I上さん
5番目 S藤さん
6番目 S本さん
7番目 T見さん

の順です。

まず1番目のH川さんスピーチタイトルは「オーマイガ!」
ある通勤電車の中での事件!まさか大きな蛾が自分のお腹にとまっているなんて。しかも前に座っているお客さんに教えてもらい、どうにか車内を飛び回らないよう心の中で蛾と会話しながら、周りのお客さんに気を使っているH川さんを想像すると面白おかしくて笑ってしまうスピーチでした。

2番目のT中さんのスピーチタイトルは「最強の殺し屋」
今回スピーチ2回目とは思えない度迫力のスピーチでした。
この世で一番の殺し屋はお餅だと。お餅のターゲットは子どもや高齢者で年間どれだけの数の人々を犠牲にしているか、そしてお餅のライバルは誰もが知っているこんにゃくゼリー。擬人法を用いてお餅を殺し屋として会話する様はまさにナイスアイデアでした。

3番目のK島さんのスピーチタイトルは「おすすめのおもてなしスポット」
Kさんの趣味はメ○ド喫茶に通うこと・・・ではなかった、おもてなしのお手本となる今流行のあのスポットに自ら足を運び、そこで体験したおもてなしをスピーチにうまくまとめてわかりやすく披露してくれました。次のスピーチでは是非おもてなしの格好でお願いします。

4番目のI上さんのスピーチタイトルは「人生の傘、さか君」
I上さんが長い間ずっと大事にしていた親友とも家族とも言える愛傘、さか君を紹介してもらいました。人生を共にしてきたさか君への愛がスピーチを通して伝わってきました。感動的な話だけど、I上さんがスピーチすると笑いも取れてしまうのはやっぱりI上さんの人徳ですね~。

5番目のS藤さんのスピーチタイトルは「かう」
「かう」というのは買うではなく、飼うだったんですね。子どもの頃に飼ったことのある動物3つを順番に紹介してもらいました。子どもの頃に飼う生き物はなかなかうまく育てられなくて、あるあるとつい納得してしまうエピソードがたくさんありました。Sさんの子どもの頃が映し出されるようなスピーチでした。

6番目のS本さんのスピーチタイトルは「かよね」
Sさんの趣味は鉄道。とある合コンで女性に趣味を聞かれた時に、鉄道というと女性にひかれてしまうのではないかと心配するSさん。素直に明かすか無難な趣味を言っておくか、どちらがいいか迷ったあげくSさんの決断は後者を選択。結果は素直に鉄道が趣味だと語った友人が女性から好印象だったとのこと。私は鉄道を熱く語るSさんが一番素敵だと思いますよ。

7番目のT見さんのスピーチタイトルは「潜む落とし穴」
最後とりを飾ったのは、前回クラブコンテストで入賞したTさんです。
ある日味覚がわからなくなるという恐ろしい病気になってしまったんだそう。その病気の正体は、なんとあの昔から「お口くちゅくちゅ・・・」のCMでお馴染みのモンダミンでした。その後使用をやめ無事味覚が戻ったTさんはまた奥さんの料理がおいしく食べれるようになって幸せそうでした。

すべてのスピーチが終わり、審査の結果、3位はT中さん、2位はT見さん、1位はI上さんでした。本当におめでとうございます。1位のI上さんと2位のT見さんは、1週間後のエリアコンテストに出場されます。エリアコンテストでもユーモアさを全面に出して頑張って下さい。

そしてスピーチされた7名の方、お疲れさまでした。
140914-01.jpg