立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第175回例会

150809.jpg
第175回例会 2015/8/9

立川トーストマスターズクラブ(以下:TMC)
第175回例会が2015年8月9日(日)
新柴崎学習館 作業室で
会員16名、ゲスト4名を迎えて
13時30分から行なわれました。

今日のトーストマスター(総合司会)
は、わがクラブ会長であるT見さん
立川クラブのイケメン会長と言われてる
T見さんですが、
そんなT見さんらしく、軽快な口調と
親しみやすい雰囲気で例会を盛り上げて
くださいました。

そして、最初のコーナー、
今日の言葉では、Oさんが「ハグ」
という言葉を紹介されました。

今日の言葉にはあまり使われないような
言葉を選ばれたことで、
会員の皆さんやゲストさんにも
新鮮なイメージを持ってもらうことが
できたと思います。

今日の言葉の後は、各役割を担当する
ヘルパー紹介です。

計時係、文法係などの役割について
数十秒から1分程度で紹介するのですが
みなさん、それぞれが自分の言葉で
役割についてわかりやすく述べられて
ました。

役割紹介のあとは、皆さんお待ちかねの
準備スピーチです。

本日のスピーカーは、立川クラブの
癒し系と言われてるK崎さん。

スピーチタイトルは(本気になるには)
1人暮らしをはじめて四年になると
いう、K崎さんはつい最近うっかり
寝過ごしてしまい、
目が覚めたら9時過ぎていて
会社に遅刻してしまったそうです。

思いがけない寝坊の体験から
1人暮らしをしていて困ることは、
携帯を無くすこと。
寝坊すること。
この2点だと考えるようになり、
こんな時に1人ではなく、
起こしてくれるパートナーがいたら...
と考えるようになり
そろそろ本気で婚活を考えようと
一大決心されたそうです。

婚活をするために今、足かせになって
いるのは、独身を謳歌し日々を楽しんでることで病氣や出産などの不安要素から
逃れていたこと

そして、婚活に本気になるための
3か条とは、

その1 1人でいるリスクをあげて
自分を不安にさせる。

その2 パートナーがいたら
と思う瞬間を胸に刻み込むこと

その3 今の環境がいつまでもあると
思わない。

ということをあげて説明されていました。
独身の女子には共感できる内容、
そしてクラブの男性陣からは
独身女性の結婚に対する考えを
しるきっかけとなり、
K崎さんのスピーチは、聴衆に対して
現代女性の生き方について
考えさせられるよい機会となりました。

本日の例会は
いつもと編成が異なるため、
準備スピーチはK崎さん1名となります。

スピーチの後は、皆さんワクワクドキドキのテーブルトピックのコーナーです。
このコーナーの担当は、
今日が初めてのK光さんです。

このテーブルトピックスのコーナーは
テーブルトピックマスターが出す
お題に対して、あてられた人が
即興で答えるというものなのですが
本日のこのコーナーはいつもよりも
時間が長く40分という長丁場の中で
13人の人がそれぞれのお題に対して
答えました。

お題の内容も夏にちなんで
あなたの印象に残る花火
夏だから食べたくなるもの
などの定番的なトピックから
男性が日傘をさすことについて
どう思うか?

あなたが着るTシャツに言葉を書くなら
という、ちょっとヒネリを効かせた
お題まで飛び出して
皆さん笑ったり、関心されたりして
40分という時間があっというまでした。

テーブルトピックの後に休憩を挟み、
そのあと論評のコーナーが始まりました。

論評の部の司会はS波さんです。
そして、今日のK崎さんのスピーチに
対する論評はO川さんです。

O川さんはK崎さんのスピーチに対して
よかった部分、そして
こうするともっとスピーチが上手くなる点について笑顔を混じえながら丁寧に
アドバイスされていました。

O川さんの論評のあとにえーとカウンター
や文法係からの報告があり、

つづいて、S波さんが今日の例会全体の
流れについてよかったところ
そして、改善すべき点などについて
総合的に論評されました。

総合論評の後は、いよいよ、
受賞者の発表です。

今日の受賞者は
テーブルトピックがY村さん
論評がO川さん、
スピーチがK崎さんでした。

受賞者発表の後は
S川さんがスピーチの受賞者である
K崎さんにインタビューをして
婚活を頑張るために具体的に何を
やりたいか?という質問をされました。

その質問に対し、K崎さんは
少女漫画を読むようにします~と
茶目っ気たっぷりに答えられて
皆さんを和ませてくれました笑

いつもと違う構成の例会でしたが
皆さんの楽しい笑い声に包まれた
素敵な例会でした。