立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第191回例会

160214.jpg
第191回例会 2016/2/14

立川トーストマスターズクラブ(以下=TMC)第191回例会は、2016年2月14日(日)新柴崎学習館 作業室、13:30より行われました。


本日の参加者は17名(TMゲスト4名、Non-TMゲスト4名含む)でした。

まずは、会長のT見さんからの挨拶です。
去年の論評コンテストで優勝したOさんの素晴らしいエピソードを紹介されました。


続いて、通常の例会プログラムに移ります。
今日のTMOD(司会者は)ラーメン大好きMさんです。
さすがベテラン、スムーズな司会進行でした。

今日の言葉「愛」という言葉を選んだのはT見さん。
ホワイトデーにピッタリの言葉「愛」を選ばれました。
皆さん例会中に「愛」を使ってスピーチされていました。

計時係はY沢さんです。しっかりメモを見ずに説明されていました。
受付係はH澤さん、簡潔でわかりやすい説明でした。
えーとカウンターは所沢TMCのYさん、急な依頼にも快く引き受けてくれました。
集計係はM井さん、コンテスト用の説明も臨機応変に説明されていました。
記録お菓子係、GTOはY村さん。3つの役割です。
インタビュアーは吉祥寺TMCのIさん、個性を醸し出した役割説明でした。


■準備スピーチ・・・・・
次のプログラムは、準備スピーチです。
本日は、クラブ内コンテストです。
1位と2位の方が、エリアコンテストに進みます。

1番目のスピーカーはOさん
タイトルは「愛は心で感じる。即時に伝える」
愛を今、伝えることの尊さを
家族や故郷のエピソードを交えて伝えてくれました。
ボディランゲージが効果的でメッセージ性の強いスピーチでした。

2番目のスピーカーはY村さん
タイトルは「幸せって何だっけ?」
自身の経験や職場のエピソードから
健康の大切さ、幸せの条件について語ってくれました。
さすがY村さん、全てにおいてレベルが高いスピーチでした。

3番目のスピーカーはT見さん
タイトルは「男気」
「男気」とは何なのかといことを、
過去の貴重なエピソードを通して伝えていました。
エピソード、ボディランゲージが印象的で、面白いスピーチでした。


■テーブルトピックス・・・・・
次のプログラムははらはらドキドキのテーブルトピックスです。
テーブルトピックスマスターは本日3つ目の役割を担当するMさんです。

1番目のお題「聖職者のあなたは結婚禁止令にどう対処しますか」
スピーカーはゲストNさんです。
2番目のお題「あなたにとってのテンポラリアとは」
スピーカーはY沢さんです。
3番目のお題「カノッサの屈辱はどのような影響を与えたか」
スピーカーはゲストYさんです。
4番目のお題「バーブルナーマについての説明」
スピーカーはゲストIさんです。
5番目のお題「農本主義について思うこと」
スピーカーはM井さんです。
6番目のお題「キャプテンクックは何を成した人か」
スピーカーはK地さんです。
7番目のお題「エニアックについての説明」
スピーカーはゲストAさんです。

すごく難しいお題でしたが、皆さん頑張ってスピーチをしました。
Mさんの難しいお題にもだんだん慣れてきて、皆さん楽しんでいました。


ここで休憩


■論評・・・・・
後半は論評の部です。
論評の部、司会を担当するのはH澤さんです。

まずはOさんのスピーチへの論評です。
論評者はK地さんです。良い点を積極的に褒めて改善点も1つあげていました。

次は、Y村さんのスピーチへの論評です。
論評者は所沢TMCのOさんです。良い点を3点、改善点を1点を挙げていました。
今日の言葉の「愛」もしっかり使ってくれました。

最後は、T見さんのスピーチへの論評です。
論評者は吉祥寺TMCのIさんです。独特な比喩を交えながら、すごく的確な論評で感心しました。

総合論評はH澤さん。
参加者全員、各役割についてに一言コメントをされました。


いよいよ例会も佳境です。
本日の最優秀賞の発表!

最優秀論評賞 受賞者は、所沢TMCのOさん
最優秀準備スピーチ賞 受賞者は、T見さんとY村さん

受賞者の皆さんおめでとうございます。

最後に最優秀準備スピーチ賞に輝いた、T見さんへのインタビューです。
インタビュアーは吉祥寺TMCのIさん。
聴衆が聞きたいことを、たくさん質問してくました。


ここで例会は終了です。
例会終了後は二次会のお茶会を堪能しました。


次回例会は、2016年2月28日(日)13:30~ 新柴崎学習館 調理室の予定です。