立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第200回例会

160612.jpg160612_2.jpg
第200回例会 2016/6/12

立川トーストマスターズクラブ(以下=TMC)第200回例会は、2016年6月12日(日)立川市女性総合センター5階 第二学習室、13:30より行われました。

2008年7月13日に第1回例会が開催されて以来、回を重ねること8年、記念すべき200回目の
例会を迎えることができました。また、例会後は200回記念パーティーが開かれました。

本日の例会はTMゲスト、NON-TMゲストも数多く参加され、盛大に盛り上がりました。
会議室に全員が座りきれずに、前の方にブルーシートを敷き、そこに何人も座るという、
熱気溢れる例会となりました。
200回記念ということで他クラブから多くの方が駆け付けてくださいました。
いずれのみなさんも今まで立川クラブを外から支えてくださったサポーターの方々です。

司会は現在、関西に戻られた休会中の元会長のS藤さん。
パワフルな人柄で例会でも、みなさんを引っ張ってくれました。
突然、質問「例会を奮い立たせる企画が求められています。
あなたはどのような例会を企画しますか?」を
投げかけ、すぐに答えて貰うやり方は緊張感がありました。


■準備スピーチ・・・・・
最初は準備スピーチです。
本日のスピーチは5本と豪華。

●スピーチ① 基本マニュアル♯6 ボーカルバラエティ 
 「私の言葉」 K本さん

K本さんは仕事がら全国を飛び回っているようです。
行った土地毎にお国言葉があり、自然と身に付いたそうです。
自分の地元の三重弁は特別愛着があり、油断すると出てきてしまうとのこと。
奥さんとお子さんには伝わらないこともあり、悩んでいるご様子。
今後、相手の為を思って、三重弁を封印するという宣言をされ、
会場を沸かせました。
今後のスピーチもとても気になります。


●スピーチ②基本マニュアル#5 ボディランゲージ
 「モーツァルトが降りてきました!」M井さん

来期会長をされるM井さん、趣味で油絵を描かれていて、最近傑作が描けたそうです。
子供のころから絵を描くことが好きで、それを思い出して、カルチャーセンターに通い始め、
描けた作品はFacebookに載せているとのこと。
音楽を聞きながら一気に描くのが集中出来て、気分が良いそうです。
最後にその傑作を見せて貰えると思っていましたが、作品は見られず仕舞。
次の機会には、是非作品を見せて下さいね。

●スピーチ③上級マニュアル#5 抽象的なテーマを題材とするスピーチ
「日米同盟はどうなる!」  T見さん

アメリカ共和党の大統領候補者、トランプ氏が過激な発言をしている。
トランプ氏がもし大統領になった時の日米同盟の行く末を案じたスピーチ。
政治的な難しいテーマに対して、分かりやすく丁寧に説明していました。
流石、上級スピーカーというお話でした。

●スピーチ④上級マニュアル「楽しませるスピーカー」#5食後のスピーチ
 「もっともっとほら」 Mさん

現在、教育担当をしているMさん、ご自身の良さを目いっぱい出せたスピーチ。
抽象的なお話で、どんな話かと思って聞いてみたら、お得意のラーメンのお話し。
ラーメン次郎での勝負にこだわる姿勢に会場から笑いも取れました。
流石、ラーメンスピーカーの面目躍如。

●スピーチ⑤基本マニュアル#5 ボディランゲージ
 「悩んだら・・・」 Y沢さん

来期広報担当をされるY沢さん、ご自身のダイビング体験会での体験談をされました。
綺麗なお姉さんの言うがままに体験遊泳をして、ダイビングの楽しさを感じたが、
契約金がなんと60万円と聞き、躊躇。それが30万円に割引をしてくれたが、
あいにくハンコを忘れてしまい、その日に契約が出来なかった。
他のお店ではどのくらいの値段かと調べてみたら、7・8万円が相場。
体験会のお店には苦情が殺到しているらしいことも分かった。
悩んだらその場で決めないで、一度持ち帰ろうというスピーチでした。


■テーブルトピックス・・・・・
準備スピーチが終了し、その後にテーブルトピックス。
とてもマニアックなお題が数々出てきて、回答者も頑張って答えていました。
一番印象的なお題は「立川例会後、参加者全員、病院のベッドにいます。理由は何ですか?」
回答者のS木さんはご自身がフランスで交通事故に合い、ベッドにいた経験を語られ
もしかしたら、このお題のようなこともあり得ると言った体験談に説得力がありました。


■論評・・・・・
論評者もそれぞれ愛のある論評をされました。
特に印象的だったのは、S波さんのMさんに対する論評。
くだらない話をここまで盛り上げて話すのは素晴らしいとの論評に
信頼関係があるからこそ、ここまで言えるのだと思いました。

●総合論評 K崎さん
各論評者に対して的確な論評をされました。
例会の時間が伸びてしまった事に対して「自分に与えられた時間に責任を持つように」と
語り時間管理の大切さを述べられました。

最後にベストスピーカー賞のMさんにF原さんがインタビュー。
時間が押しているので、簡潔にインタビューをまとめたのが流石でした。

その後、コントロールをS藤に渡して閉会へ。
例会最後はゲスト感想、みなさま温かいお言葉ありがとうございました。
T見会長は続いてのパーティーの準備で先に退出。
こんなに大勢の方に参加して頂き、みなさまに支えられて200回を迎えられたことに
改めて実感しました。

今まで立川クラブを支えてくださったみなさま誠にありがとうございました。
来月からは立川クラブはM井会長のもと新たな1歩を踏み出します。
今後の立川クラブにご期待ください。


次回例会は、2016年6月26日(日)13:30~ 立川市(新)柴崎学習館 作業室の予定です。