立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第201回例会

160626.jpg
第201回例会 2016/6/26

立川トーストマスターズクラブ(以下:立川TMC)第201回例会は、2016年6月26日(日)新柴崎学習館作業室にて13:30より行われました。

■会長挨拶
6月いっぱいで会長を退任する会長のT見さんの挨拶からスタートしました。

T見さんは昨日、仕事で北海道に出張時に帰りの搭乗予定の飛行機が2時間半も遅れたとのこと。翌日のTMCに間に合うためにも早く帰りたいと思って起こした行動は「キャンセル待ち」。
「もしかしたら乗れるかも」と微かな望みを持ちつつ行列に並んでいると、前に並んでいた人々が次々と諦め、辛抱強く待ち続けた結果、キャンセル待ちに当たり奇跡的に帰りの便に乗る事ができ本日のTM例会に間に合ったという話でした。
最後に「あきらなければビッグなチャンスがあるかもしれない」力強い口調で語ったT見さんはとても格好良かったです。

ゲストは1名(男性1名)で、Non-TMゲストでした。
出席人数はゲスト含めて16名と少なめでした。


■連絡事項・役員離任式・役員就任式
会長のT見さんの挨拶と前後して連絡事項として以下の事が連絡されました。

T見さん:来季のエリア変更・CLマニュアル交換のお願い
Mさん:出欠君記入のお願い
K光さん:会費(印刷代、お菓子代)支払いのお願い

次に「役員離任式・役員就任式」がF原さん司会のもと執り行われました。
退任のスピーチを現会長のT見さんが述べた後、メンバーが言葉を詰まらせてしまうほど感動的な離任式となりました。
新会長および新体制での役員紹介も行われました。7月には新会長M井さんによる新体制でのクラブ例会が始まります。


■総合司会挨拶・今日の言葉
本題に入り、本日のTMOD(総合司会)はU田さんが担当しました。

「感動的な役員スピーチの後、どうでもいい話をします」と銘打って、U田さんが好きな食べ物に炒飯があり、つい先日も餃子の○将で炒飯を注文しようとしたら「焼き飯」しかなく、しかたなく「焼き飯」と注文したら、店員さんに「炒飯ですね」と回答され戸惑ってしまった話をしました。両者は調理過程に違いがあり私は知らなかったのでどうでもいい話ではなく勉強になる話だなと思ったことからも楽しい例会になりました。

先ずは今日の言葉の発表。担当はK光さん。

K光さんが選んだ今日の言葉は『未完成』でした。
「未完成であるからこそどのような方向にも変更できる可能性がある」という言葉をネガティブにとらえずにポジティブに考えようとするK光さんの前向きな発言にはとても感銘を受けました。

ヘルパー紹介では当初の役割とは変更点があったものの兼務がなく、説明も丁寧にされていてよかったです。


■テーブルトピックス
最初のプログラムは、2分間テーブルトピックス(以下:TT)のコーナーです。

TTの司会は、Oさん。

開始前にウォーミングアップとして『褒めにらめっこ』というユニークな試みが行われました。二人一組でお互いを褒めあって笑ってしまったほうが負けで、敗者は回答者の可能性が高くなるというもの。回答者になるまいと必死に相手を褒めあうメンバーの光景は例会全体がアットホームだからこその光景でした。

質問内容についてOさんは難易度高いものを選択し、皆様は戸惑いながらも!?素晴らしい回答を披露しました。
以下に質問内容と回答を記述します。

----------

質問1:「あなたはイギリスのEU残留派OR離脱派?」  
回答者:J甲さん

学生時代は学校でECを習っていたので、EUになったのを知ったのがつい最近。イギリスへの旅行経験もあるJ甲さんが出した答えは「離脱派」。理由はプライドの高い英国民だからこそ、自分たちのポリシーで国を創ってきたのを自負し、これからその意識をさらに進めていくと思い「離脱派」と結論付けました。

----------

質問2:「イギリスのEU問題における円高、株高であなたは何をしたい?」
回答者:S本さん
サッカーの本場イギリスのクラブチームの持ち株でマネーゲームを行い、このような状況だからこそ、敢えてイギリス旅行して国内料理を食べる等文化を勉強したいと様々な欲が交錯するスピーチにしました。

----------

質問3:「安倍首相の消費税10%を2年半先送りについて賛成か反対か?」          
回答者:M井さん
賛成と回答。理由は8%だと会計の時面倒で10%のほうが計算しやすいと、ここまでは良かったのですが、本当は先送りに「反対」と言いたかったそうなので、そのためにも今すぐやってはっきりして欲しいそうです。


----------

質問4:「もしあなたが18歳ならば選挙権行使し、投票に行きますか?」          
回答者:K光さん
選挙に行くと回答。ですがどこまで18歳時に選挙について分かっているかどうかは疑問とのこと。単に義務であるから行く人が今回選挙権を持つ18歳でいるのではないかと持論し、参議院選挙がどの位重要かを学校等の教育機関、メディア等で情報を配信し、それを得ることで効果的な選挙できるのではないかと話しました。 


----------

質問5:「あなたの人生の中での最多○○記録を教えてください」          
回答者:Y川さん
Y川さんは幼少期から水泳を習っており、通っていたスイミングスクールでの小学生記録が10年間破られなかったそうです。週5回海水浴に行く等、厳しい練習に耐えた結果であると思いますが本人は謙遜していました。


----------

質問6:「あなたが○添知事だとしての退職金の使い道」          
回答者:H澤さん 
地下室(シェルター)を建造と回答。マスコミ等から逃れるのに活用したいと話す一方で、退職金返納についても触れて「人のうわさも...」とあるように、ほとぼりが冷めたら次に選挙で頑張りたいのでよろしくお願いしますと力説しました。


----------

質問7:「一番印象に残ったお祭りは?」          
回答者:T上さん
T上さんは地元の烏山神社での普通のお祭りと旅行で行った台湾の夜市と回答。
特に屋台での友人との買い食いが印象に残っているそうです。 

----------


■準備スピーチ
次のコーナーは、TMCのメインプログラム、準備スピーチのコーナーです。

今回は2名のスピーカーが登場しました。
いずれも6月いっぱいで役員を退任する方々のスピーチとなりました。


トップバッターは、T見さん。
タイトルは【会長最後の反省】

T見さん自身過去の会長活動の中で、先日の200回記念例会後の記念パーティーでのメンバー余興活動について労を労う一方で、自身は参加人数の設定ミスを悔んでいました。パーティーより例会参加人数が多いのを何とか同人数にしようとアイデアを出しながらも四苦八苦するT見さんの会長としての職務を全うされたスピーチとなりました。
反省スピーチとなりましたがT見さん、記念例会とパーティーの調整お疲れ様でした。


2人目のスピーカーはMさん
タイトルは【おうちへかえろう】

現代の帰宅と歴史上の帰宅を比較する事で一日の過ごし方を考えよう訴えるメッセージの強いスピーチでした。特に歴史上最もすごい方法で帰宅した戦国武将「島津義弘」の関ヶ原の合戦での帰宅方法についてMさんは活弁士の様な語り口で話されており、緊迫感が現われていて引き込まれました。


■論評
休憩の後は、論評の部に移りました。
論評の部の司会は、F原さんです。 


各スピーカーに対しての論評者は以下の通りです。

T見さんのスピーチへの論評:Y川さん
Mさんのスピーチへの論評:S本さん

今回は、上級マニュアルのスピーチということで論評者もどのように相手に良い点、改善点をスピーカーに伝えるのを四苦八苦しながらも、要点をまとめた論評でした。聞き手には笑いを提供し、スピーカーにとって励みになる論評だと思います。


総合論評のF原さん。「役員離任式・役員就任式」があり大変であったにもかかわらずヘルパーの説明,作業で気になった所を的確に指摘しかつ具体的な解決法を時間が限られている中、説明されていたので観察力が抜群だと思いました。この事はトースト以外の活動でも常日頃アンテナを張り巡らせているからこそ出来る事であり、筆者としましても見習わなければと思いました。


■受賞者発表
今回の受賞者のみなさまを発表します!

☆ベストテーブルトピックス賞 J甲さん

☆ベスト論評賞 S本
さん
☆ベストスピーカー賞 Mさん


受賞した皆様、おめでとうございます♪


写真撮影後の受賞者インタビューはM井さん、Mさんの魅力を引き出したインタビューでした。
今後は新会長としてクラブの魅力を引き出す活動を期待しております。


■次回例会
例会終了後は、毎回恒例のお茶会がありました。

次回例会は2016年7月10日(日)13:30~ 新柴崎学習館 調理室の予定です。

新体制での役員による初例会となり、夏本番で暑くなり出席するのも大変になりますがより多くの方々が出席されるような例会にする為にも例会を盛り上げていきましょう!