立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第203回例会

160724.jpg
第203回例会 2016/7/24

立川トーストマスターズクラブ(以下:立川TMC)第203回例会は、2016年7月24日(日)新柴崎学習館作業室にて13:30より行われました。

7月も下旬だというのにそれほど暑くもなく過ごしやすい気候の中、開催されました。
まず、会長のM井さんからゲスト紹介です。今日は3名のゲストが参加されました。
今日の総合司会はY村さんです。ご自分の恋愛話で場を和ませスタートです。
今日の言葉はY川さんからです。「根気」という言葉が選ばれました。停滞期でも根気強く続けていくことが上昇につながるとのことです。

各々の役割を確認して早速「準備スピーチ」です。今日は3名でした。

トップバッターはY沢さん。タイトルは「面接」。採用面接を受けてきた自身の経験から改善ポイントを3つ提示し、それぞれを解説されました。明快で流れるようなスピーチでした。

続いてK本さん。タイトルは「俺はもっとできた?」。子供の運動能力の変遷をパワーポイントでの資料を活用してのスピーチ、しっかりとしたシナリオで見事な起承転結、とても内容の濃い聞きやすいスピーチでした。

ラストはS本さん。友人に勧められ訪れた丼店の豚丼の味が極上で大変満足した経験を通じ、周りの人との交流・関わり合いは大切であるという話でした。資料を掲示して具体的な話を展開し、聴衆を引き付けるスピーチでした。

休憩をはさみ、即興でスピーチする「テーブルトピックス」です。進行はT上さん、本日AMに急遽の指名でしたが、各テーマの紹介においてとてもユーモアの効いた説明で場を盛り上げました。今日は全部で9つのスピーチでした。

最初の質問は「突然降りかかった不幸な出来事」。スピーチはT岡さん。仕事で子供にキャンプを教えていたところ、ケガをしてしまったことと子供から言われた言葉に心傷つけられたことをユーモラスに表現したスピーチでした。

2つ目は「追い詰められて腹を括った経験」。スピーチはM井さん。"それはまさに今"であり、人前で話すのが苦手だったことからTMCに参加、スピーチを重ねることで緊張はしなくなったが、今回会長になったことを挙げられ説得力のあるスピーチでした。

3つ目は「最近熱中しているもの」。スピーチはK藤さん。仕事があまりにも忙しくて他のことができない日々が続いているがお盆休みに羽田空港に飛行機の離発着を見に行くのを楽しみにされているとのこと。仕事の充実は人生の充実につながるとの教訓をいただきました。

4つ目は「歩きスマホで危険な思いをしたこともしくはさせられたこと」。スピーチはA野さん。スマホマニアの浅野さんは音楽やネットでスマホをフルに活用しているとのこと。危険な思いをした経験はないものの、「人の振り見て我が振り直せ」と戒めの言葉でまとまられました。

5つ目は「偶然電車で誰かに会った経験 」。スピーチはJ甲さん。TMCに入会して2回目の例会で初めて会ったばかりのK埼さんと、2日後の朝の中央線で偶然会った話でした。

6つ目、7つ目、8つ目、9つ目は共通で「夏に向けての目標や楽しみにしていること」。
スピーチはまずY川さん。青春18切符で新潟まで電車で行き、そこから佐渡ヶ島に渡り自転車で旅をする予定で、行きと帰りの電車では浴びるほど酒を飲んでさらに楽しみたいとのことです。
つぎに、スピーチはゲストのI上さん。お母様と友人とで北陸新幹線で旅行に行く予定で、最近挑戦することに億劫になっているお母様に、旅行をすることで自信をつけさせたいとのことです。
続いてスピーチは同じくゲストのHさん。目標は腹筋作り、楽しみはお盆に学生時代の友人が海外から日本に来ることで日本の文化を味わってもらいたいとのことです。
最後に同じくゲストのT中さん。目標は就職活動を控え人前で話すことを練習したいとのことです。

つぎに今回の準備スピーチ3名に対する論評です。各論評担当の方からよかった点と改善すべき点をそれぞれ挙げるとともに、各自のスピーチ目標に対しどうであったかを明確に伝えられていました。今後のスピーチ力向上に向けとても参考になるものでした。

最後に各パートの最優秀の方を発表、称賛の拍手が送られました。

参加者16名、ゲスト3名と盛り上がった例会が無事終了、その後茶話会が催され、さらに意見交換、コミュニケーションをとることで交流を深めました。