立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第211回例会

161030.jpg
第211回例会 2016/10/30

立川トーストマスターズクラブ(以下:立川TMC)第211回例会は、2016年10月30日(日)
新柴崎学習館作業室にて13:30より行われました。
今回はハロウィン例会ということで、参加者は15名(ゲスト3名含む)と少な目だったものの、
思い思いに個性的な仮装をされており、普段よりもにぎやかな雰囲気の中のスタートでした。

冒頭の会長挨拶では、とてもかわいらしいメイド服姿のM井さんから、
自分にはメイド服姿はハードルが高かったものの、今日はみなさんでスピーチも仮装も
ハードルを飛び越えていきましょうと、前向きな挨拶が投げかけられました。
「会長セクシー!」という声もあがり(笑)、とても似合ってましたね。

そして本日のTMOD(ToastMaster Of the Day=総合司会)のY川さんにバトンタッチです。
Y川さんは勉強をしすぎて視力の悪くなったドラキュラというコンセプトで、
メガネを仮面の上からつけていた姿が笑いを誘いました。
また、会が進むにつれて仮面が息苦しくて外したりする人もいる中で
Y川さんは最後まで一度も仮面をとることがなく、プロ意識を感じさせました。
その後、一人ずつ自らの仮装のアピールタイムです。
ゲストのお3方も予告なしで振られたにも関わらず(しかもそのうち1名はその場での
借り物の仮装にも関わらず)、ゆっくりでも一言話された姿は素直にすごいと感じました。

次は今日の言葉、Y村さんです。「はっぴいハロウィン」。
前日参加した神奈川TMCに比べて立川TMCは仮装が大人しいとの叱責をうけました。(笑)
そのY村さんは1週間以上前からamazonで衣装を準備し、ドンキでかつらを購入して臨んだ
不思議の国のアリスはさすがのクオリティでした。

そして各々役割を確認し、準備スピーチのスタートです。今日は3名でした。
トップバッターはT岡さん。タイトルは「2時間人生」。
時間がある時、映画を見ると2時間で他人の人生を経験することができ、お勧めだそうです。
T岡さんの持ち味であるゆっくりとした染み込んでくるような語り口と映画の中の世界観とが
混ざりあい、とても不思議なスピーチでした。

続いて会長M井さん。タイトルは「かっこよく」。
青梅マラソンに参加することになり、かっこよく走るにはどうするかを検討中だそうです。
青梅マラソンは1万人を超える参加者もさることながら、沿道で応援する人が5万人を超え、
アットホームな市民マラソンとして有名なようです。世界一アットホームなクラブを目指す
立川TMCと一緒ですね。このマラソンを選ぶ辺り、さすが会長です。(笑)

ラストはK池さん。タイトルは「立川 VS 〇〇〇〇〇」。
シンゴジラの上映は記憶に新しいところですが、中盤以降の舞台は首都機能のバックアップ
である立川だそうです。これは映画だけではなく実際もそうで、立川で生活する者に
自信と誇りを持たせる内容でした。この映画を見た人はなんと2人という結果に本気で
驚かれてましたが(笑)、残り13人のうちの一人の私も今度見てみようと思わされました。

続いて、テーブルトピックス。お題は愛のあるドSコメントが好評のS波さんからです。
秋やハロウィンにちなんだお題を「秋のおいしい食べ物は?」「何かおねだりするとしたら何?」
など6問出題されました。

次に今回の準備スピーチ3名に対する論評です。三名の論評者は良い点をしっかり上げながら、
改善すべき点も的確に指摘していました。特にS本さんは手作りのドミノマスク(仮面舞踏会で
よくある目だけのマスク)を使い、猫男爵になりきっての論評は会場の爆笑をさらいました。
最後に最優秀賞の発表。受賞したK池さんに拍手が送られました。
全体を通して、笑いの絶えない楽しいハロウィン例会になったと思います。

本日もお疲れ様でした!