立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第220回例会

第220回例会
第220回例会 2017/02/26

立川トーストマスターズクラブ(以下:立川TMC)第220回例会は、立川市女性総合センターにて13:30より行われました。

まずは会長のM井さんから青梅マラソンに出場されたお話。
不安があったものの、優しいお兄さんのお陰で当日楽しく走ることができた、という様子がありありと伝わってきました。

本日の司会者(TMOD)は、Wさんです。
本日でCLを達成されるということでおめでとうございます!

今日の言葉は、K本さんの「情」でした。
ホワイトボードも活用しながら情の意味を説明してくださいました。

本日の準備スピーチは3本。

一人目のスピーカーは、今回初めてのスピーチとなるK合さんです。タイトルは「私の履歴書」
とても小さい単位「オームストローム」の話から始まり、お仕事の話、そしてこれからの意気込みへと、K合さんの人柄が伝わってくる内容でした。
初めてとは思えない素晴らしいスピーチでした。

二人目のスピーカーは、Y口さんです。タイトルは「魔法のチケット」
航空会社のCMから「どこへ行くか」ではなく「誰と行くか」が大事という心温まるメッセージが伝わってきました。

三人目のスピーカーは、Hさんです。タイトルは「いじめについて考えたこと」
中国で社会問題として話題になっている「いじめ」。その真剣な話し方、内容に聴衆はすっかり聞き入ってしまいました。

「ベストスピーカー賞」を受賞したのは、Hさんでした。おめでとうございます。

ここで一旦休憩を挟み、続いてコンテストに出場される方たちの練習スピーチのセッションに移ります。

一人目のスピーカーは、K本さんです。タイトルは「The durkness and the light of mind.」
習われている英語を駆使し、とても多くの大切なメッセージを伝えて下さいました。

二人目のスピーカーは、T中さんです。タイトルは「安全運転をしましょう」
途中、スピーチの内容が飛んでしまうということもありましたが、
前回と同じスピーチをするという、いつもと違った状況、またコンテスト出場という緊張からくるものかと思います。
T中さんならきっと本番までにしっかりと調整されることでしょう。

三人目のスピーカーは、神奈川TMCから来て下ったS水さんです。タイトルは「あなただけが知っている輝き」
S水さんらしいインパクトのあるスタートに始まり、誰かの背中を押すことの大切さを教えて下さいました。

四人目のスピーカーは、K本さんです。
今日の言葉、英語スピーチ、日本語スピーチと大活躍です。
タイトルは「私にかけられた容疑」
K本さんにかけられたある容疑に、ご自身も思い当たるフシがあると感じながら、夫婦の愛へとつなげるスピーチは見事です。

皆さん、コンテスト頑張ってください!

最後は論評の部です。
Y川さん、T上さん、K光さんがスピーカーそれぞれに暖かく、また次に繋がる的確な論評をされていました。
そして総合論評のF原さん。
例会全体のクオリティ向上につながる素晴らしい論評をしてくださいました。

「ベスト論評賞」を受賞したのは、Y川さんでした。おめでとうございます。

最後に、ゲストの方々からも、様々な感想をお聞きすることができました。
またぜひいらして下さいね。

本日も、各人の成長につながる素晴らしい例会でした。