立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第235回例会

171008.jpg
第235回例会 2017/10/08

立川トーストマスターズクラブ(以下:立川TMC)第235回例会は、柴崎学習館調理室にて13:30より行われました。
例会の始まりは、会長Y川さんの挨拶です。続いてエリアディレクターT見さんから、全国大会の受付係の有志を募ります。
今日のゲストは珍しくゼロでした。

いよいよ例会です。
本日の司会者(TMOD)は堂々とした振る舞いからは意外に感じる、初めてのTMODとなるY口さんです。
TMOD進行のもと「今日の言葉」はO橋さんから、「人間」が提示されました。

さて、本日の準備スピーチはちょっと少な目となる2本です。
一人目のスピーカーは立川TMC屈指の実力者、K本さんです。タイトルは「ひと夏のアバンチュール!?」
ある夏の日、K本さんが出会ってしまった魅力的な存在に気持ちを持っていかれ、ひと夏の間一緒に過ごした話でした。確か妻子のあるK本さんが??と聞いていると、その魅力的な存在の正体はなんと「ヒキガエル」。。生きたエサを調達するハードルの高さに負け、ひと夏で野生に返したという話でしたが、さすがの話術で物語に引き込まれました。

二人目のスピーカーは、立川TMCのマスコットガールM井さん。タイトルは「フラメンコ体験セリジャーナスを踊ってみよう!」
よく突然踊りに誘われることがありますが(そうか?という突っ込みはなしで、だそうです)、そんな時に役に立つ、フラメンコの初級編を伝授してもらう、体験型スピーチとなりました。普段は小さくてかわいらしいM井さんが、フラメンコをリズムよく踊る姿は「かっこいい!」の一言でした。

次のコーナーは、2分間テーブルトピックスです。テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題に対して即興で答えるスピーチのコーナーです。
今日の出題者T中さんは、準備スピーチが少な目だったことの煽りを受けて普段より多くの時間を割り当てられたテーブルトピックに対応し、実に10問ものお題を出してくれました。

最後は論評の部です。
K本さんに対する論評はT見さん。K本さんの話す声や姿勢スピーチの構成などを評価され、さらなる改善を目指すためのアドバイスをされていました。
M井さん対する論評はK島さん。スピーチでの良かった点等多く評価され、前向きな論評をされていましたが、熱が入りすぎて3:30という制限時間を3秒オーバーしてしましました。

論評の後は、例会全体を振り返る総合論評の時間になります。
総合論評は立川TMCのマドンナS波さんが担当されました。
会長挨拶やTMOD、各ヘルパーの役割説明、論評、会の進行など、1つ1つ丁寧ユーモアに観察され、各個人や会全体がさらなる成長へとつながる愛あるコメントがありました。

いよいよ受賞者発表です。
☆ベストテーブルトピック賞 Y沢さん、S波さん
☆ベスト論評賞 T見さん
☆ベストスピーカー賞 K本さん
受賞した皆さん、おめでとうございます!

本日も充実した内容の例会となり楽しいひとときでした。