立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第245回例会

180225.jpg

第245回例会は、(新)柴崎学習館作業室にて13:30より行われました。
今日の例会は13:30~柴崎学習館で開催しました。
初企画、ボイストレーニングが実施されました。担当は、子供の頃に劇団所属経験のあるY村さんです。練習用の例文を読むだけでも一苦労(^_^;)。口のエクササイズにもなりました。

語彙を増やす目的の「今日の言葉」は、「踏む・踏まない」です。担当のOさんが、「場数を踏む」などの例を説明してくれました。


準備スピーチ一人目はK島さんです。タイトルは「汚名返上したいこと」。
スーパーコンピューター開発会社の詐欺事件によって、社会の目がコンピューター開発に批判的になることを懸念し、開発の重要性を分かり易くスピーチしました。

二人目はY村さん。タイトルは「ボイトレ?」。子供の頃に所属していた劇団でのストーリー。スピーチの構成などをほとんどその場で考えたそう。さすがベテランです!

三人目はHさん。タイトルは「怪我の功名」。足のけがによって得た、マラソン大会での経験について。話が展開するごとに「それで、それで?」と興味の湧く内容でした。


続いて、話の即興力を練習をする「2分間テーブルトッピクス」のコーナーです。司会はT中さん。平昌オリンピックの話題から始まったので、関係するトピックかと予想するも、あえて的をずらしたトピックを提示し、聴衆から、驚きと笑いが生まれました。トピックは将来の不安や、あなたがしたいルール改正などでした。


準備スピーチの論評の部です。
K島さんへの論評はテーブルトピックに続きT中さん。スピーチの導入部分で聴衆を引き込んだことや、専門用語がなく、言葉がシンプルだった事を評価していました。

Y村さんへはO橋さん。時系列になった構成や、登場人物の表現によってよりスピーチの世界をイメージできたと評価。

HさんへはOさん。センテンスの短さなど言葉の簡潔さや、ケガをした前と後の本人の対比がイメージし易かったと評価していました。

次に、F原さんが、例会全体の論評を行います。各係や論評者に対して的確なアドバイスで、勉強になります。


いよいよ受賞者の発表です。ベストテーブルトピックス賞は、なんとゲストのMさん。ベスト論評はO橋さん。ベストスピーカーはHさんでした。
今回のインタビュアーはY川さん。Hさんのジョギングにまつわるエピソードを詳しく聞き出してくれて、スピーチ内容をよりイメージすることができました。
今回も、とても内容のある、楽しい例会となりました!