立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第248回例会

180408.jpg
第248回例会は、柴崎学習館地下ホールにて13:30より行われました。
普段の例会とは違い、舞台が備わった広い会場でしたが、壇に上がってのスピーチはとても気持ちが良く、参加したみなさんは、声をしっかり出し会場に響かせていました。

例会は、会長Y川さんの挨拶から始まり、続いて本日のゲストさんの紹介がありました。今回も、初めての参加の方を含め4名もの方にゲスト参加して頂きました。


いよいよ例会です。司会(TMOD)はベテランのK本さん、各プログラムごとに丁寧な説明やコメントがあり、落ち着いたその話ぶりはさすがです。
2月から始まったボイストレーニングは、立川トーストマスターズクラブのオリジナルメニュー。Y村さんの進行の元、みんなで練習用の例文をくり返し読み挙げましたが、何度か繰り返すうちに口元の筋肉がほぐれ、本当に滑舌が良くなりました。

続いて今日の言葉は、M井さんの「賞賛」です。
賞賛はまさにトーストマスターズクラブの特徴の1つですが、M井さんはメンバー同士で、良い点を見つけ認める・褒めたたえることにより、モチベーションを上げ楽しく続けることができた、と自らの体験をわかりやすく説明されていました。


本日の準備スピーチは3本です。

一人目のスピーカーは、T上さん。タイトルは「最高の健康法」
T上さんが3年前から取り組んでいる青竹踏みの効果・効用について、3つのポイントに絞ってとてもわかりやすく説明されていました。

二人目のスピーカーは、Y川さん。タイトルは「10周年!」
今年で10周年を迎える私たちのクラブについて、どう10周年を迎えるか、動画や写真などを使って、メンバー全員に語りかける会長らしい見事なスピーチでした。

三人目のスピーカーは、K島さん。タイトルは「新年度の誓い」
上司からの指示に違和感があったK島さんでしたが、捉え方を変えたことで、会社で生き抜くために必要なことを悟ることができた、とユーモラスに語ってくれました。


続いて、2分間テーブルトピックスです。テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題に対して即興力を練習するスピーチのコーナーです。
今日の出題者は司会者のK本さん。新年度や春にまつわる5つのお題でした。見学者の方も積極的に参加され、会場からはたくさんの拍手が沸き起こっていました。


最後は論評の部です。
T上さんに対する論評はH澤さん。興味を惹くタイトルで聴衆を引き込んだことやビジュアルエイドを適切に使ったことを評価されていました。
Y川さんに対する論評はY村さん。聴衆に質問しながら興味を惹きつけた点や動画や写真を使ってわかりやすいスピーチになった点を評価され、さらに上を目指すためのアドバイスを的確にされていました。
K島さんに対する論評はM井さん。スピーチ冒頭で聴衆を引き込んだことや実際の通勤スタイルで笑いを取った点を評価され、改善点としては、話のメインポイントにボリュームを持たせた方がさらに良くなるとアドバイスされていました。

論評の後は、例会全体を振り返る総合論評の時間です。
T中さんが担当されましたが、TMODや各係、論評者に対して1つ1つ丁寧にコメントされ、それぞれの成長に繋がるようなアドバイスがありました。


いよいよ受賞者発表です。
☆ベストテーブルトピックス賞 K光さん

☆ベスト論評賞 Y村さん
☆ベストスピーカー賞 T上さん

受賞した皆さん、おめでとうございます!

今回も充実した内容の例会となり、楽しいひとときでした。