立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第255回例会 10周年記念例会&パーティー

180722.jpg

2018年7月22日(日)、第255回、立川トーストマスターズクラブ10周年記念例会が開催されました。

場所は立川市幸学習館です。

今日はいつもの例会会場と場所が違うので、最寄り駅に案内係が3名待機してゲストさんをお迎えしました。

13時30分に例会開始。
7月から新規会長のY村さんは「ときめいてくださいね!」と、女性会長らしく明るく開会挨拶をしました。

今日のトーストマスター(総合司会)はK光さんです。
「むかーし、むかし、立川に小さなクラブが設立されました...」
と物語風に始め、聴衆をわくわくさせました。
途中、空調や、トイレ休憩の確認をしながらの司会進行、細やかな気配りが素敵でした。

今日の言葉は「変化」、あるいは「変化する」。 K島さんが担当しました。
あなたは10年前、何をしていましたか?
K島さんの10年前は、ぎりぎり学生だったそうです。10年前はまだピュアだったK島さん。
10周年記念例会にちなんで、10年前の今年の漢字の「変」を使ってお題をだしました。

■準備スピーチの部 
本日のスピーカーは2名でした。

一人目のスピーカーはK村さんです。 スピーチタイトル「秘密の窓 開放します」
K村さんは入会して初めてのスピーチです。
あなたは、ジョハリの窓って知っていますか? 心理学で使われる、人間関係をスムーズにして、コミュニケーションを取りやすくするための方法だそうです。
ジョハリの窓には、開放の窓、盲点の窓、秘密の窓、未知の窓という4つの窓があり、K村さんは、「秘密の窓を開けたいと思う」とスピーチしました。
K村さんがこの日開放した秘密の窓は3つでした。
一つ目の窓は、幼少のころから非日常が好きで、K村さんの地元のねぶた祭りの紹介。
二つ目の窓は、お酒が好きなこと。お酒に目覚めたのは、自転車で八丈島を1周したときだそうです。
三つ目は、このままで良いのかと、自分を変化させようと模索している際に出会ったトーストマスターズ。
3つの秘密の窓を開放し、本日の言葉の「変化」も使うなどの余裕もみせたK村さん。落ち着いていて素晴らしいスピーチでした。これからどんどん会員と親密になってくださいね!


二人目のスピーカー、F原さん、タイトル「ありがとう、トーストマスターズ」
上級、楽しめるスピーチです。
F原さんが立川トーストマスターズに入会したのは、2010年1月です。会長のY村さんが、当時会員担当役員をしていたときに、温かく迎え入れられたそうです。
F原さんは、トーストマスターズにとても感謝しているとのこと。
その理由は、論理的思考を身に着けて研修講師になったから...だけではありませんでした。
このネタは、私(M井)は過去に何度か聞いたことがあります。比較的、特別なイベントの時に聞けるようです。M井のおすすめスピーチです(´艸`*)。


■論評の部 
論評の部の司会は、美声のT中さんが担当されました。

一人目のスピーカー、K村さんのスピーチを論評したのは、T上さんです。
良かった点に、堂々とした態度、構成、動機付けの3点をあげました。

二人目のスピーカー、F原さんのスピーチを論評したのは、T見さんです。
改善点に、時間オーバーをあげました。「長すぎます」「皆さんの貴重な時間を...」「練習してください」と、楽しめるスピーチに対して、楽しめる論評でした。

■受賞者発表
☆ベスト論評賞は、T見さん
☆ベストスピーカー賞は、K村さん
おめでとうございます!

■10周年記念例会特別企画
「立川TMCの改善(カイゼン)"これからへのプレゼント"」
クラブの重鎮、K本さんが担当されました。

立川トーストマスターズクラブの特徴は、「世界一アットホーム」です!
そして、活動の中心である「例会」を成功させるために必要な、「会員」「準備スピーチ」「例会参加率」の3つを増やすにはどうしたらいいか、参加者全員でアイディアを出していきます。
実は例会開始前にくじ引きをして、ABCの席に分かれて座っており、ここでやっと分かれて座っていた理由がわかりました。
Aの席の方は、<会員を増やすための方策は?>
Bの席の方は、<例会での準備スピーカーを増やすための方策は?>
Cの席の方は、<例会をより魅力的で参加したくなるための方策>
各自5つくらいアイディアを出して、司会のK本さんが選んだ方が、自身のアイディアをスピーチしました。

<立川会員をふやすための方策は?>
元立川トーストマスターズクラブ会員のY浜さん→イケメンプログラム
所沢トーストマスターズクラブ会員のM田さん→会員増加メリットを全員で考える
横浜フロンティアトーストマスターズクラブ会員の、Kさん→Non TMゲストを増やす

☆受賞者はY浜さんでした。

<例会での準備スピーカーを増やすための方策は?>
神奈川・響トーストマスターズクラブ会員のS村さん→達成感を感じさせるためにトロフィーを用意する。 
響・赤羽トーストマスターズクラブ会員のI上さん→会長、教育担当が楽しそうにスピーチし、手本になる。
立川トーストマスターズクラブ会員のSさん→他グラブと協力し合う

☆受賞者はSさんでした。

<例会をより魅力的で参加したくなるための方策>
三鷹ビジネストーストマスターズクラブ会員のS井さん→ゲーミフィケーションを取り入れる
三鷹ビジネストーストマスターズクラブ会員のM宅さん→会員参加率を設定する
三鷹ビジネストーストマスターズクラブ会員のYさん→例会終了後に成長した点を褒め合う。

☆受賞者はS井さんでした。

■歴代会長インタビューセッション
インタビューはH澤さんが担当されました。

例会最後はゲスト感想をいただきました。みなさま温かいお言葉ありがとうございました。

この日は、会員20名と、ゲストさんがなんと30名。総勢50人もの方が集まりました。遠方から見えた方もいらっしゃいました。
こんなに大勢の方に参加して頂き、みなさまに支えられて10周年を迎えられたことを実感しました。

今まで立川クラブを支えてくださったみなさま誠にありがとうございました。
今後の立川クラブにご期待ください。