立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第258回例会

180826.jpg

第258回例会は8月26日(日)、13:30より柴崎学習館作業室に於いて開催されました。

本日は出席者12名とやや少なめな中、それでも本日が入会式のT橋さんに加え、2名のゲストにご参加頂きました。
Y村会長の明るさ満点のオープニング挨拶に始まり、ゲスト紹介、連絡事項、CLマニュアル交換と進み、本日が初めてのTMOD(総合司会者)のS木さんにコントロールが渡されます。
S木さんはゲストの方を意識しながら、入会当初はドキドキしながらも、例会の回数を重ねるとこんなにも成長がみられるという話をし、ゲストへのおもてなしの気持ちが前面に出されていました。

今日の言葉は「あいさつ」。普段は知ってはいるけど使わない言葉を、語彙を増やすために提示するこのコーナーですが、本日は「こんにちは」と挨拶するだけでもカウントし、
人前で話をすることに対しての礼儀というものを意識させられました。

役割の説明では参加人数が少な目な今回はダブル、トリプルで役割を行う方が多かったですが、役割説明をスムーズにこなされ例会をしっかりと支えていらっしゃいました。
特にGTO(ゲスト対応おもてなし)を急きょ引き受けてくれたOさんは、ゲストの飲み物のふたまで開けてくれる神対応でした。


いよいよ例会のメインであるは準備スピーカーは本日3名です。

一人目のS波さんはついに本日、初級マニュアルの最後となる10回目のスピーチを行います。タイトルは「世界が広がる瞬間」。
他人をこういう人だと決めつけてしまうことの危険性、もしかしたらそれは自分の思い込みかもしれない、というとても刺激を受けるスピーチでした。

二人目のH澤さんは初級マニュアル8回目のスピーチで「立川TMCの会費」。
ビジュアルエイドを活用してスピーチを行うことが目標となる8回目のスピーチに対し、会費の内訳や変遷、今後についてを聴衆に対しとてもわかりやすく説明されていました。

三人目のM井さんは初級マニュアルを完了後の新教育プログラム1回目となる「アイスブレーカー(自己紹介)」を行いました。
さすが前々期の会長だけあり、聴衆を飽きさせない、興味を引く語り口で最後まで一気に聞かせてくれました。


続いては恐怖の2分間のテーブルトピックス。その場で与えられたお題に対して即興で答えるスピーチのコーナーです。
テーブルトピックスマスターはY村会長が務められ、クレヨンしんちゃんのカルタから引いた札のお題を出すという、とてもユニークな形式で進められました。
今回は4名があたりましたが、そのうちゲストの方にもあたりました。ゲストは拒否権はあるものの行使せずに、「やめられないいたずらの話」というお題を見事にクリアしました。


続く論評の部では、S波さんのスピーチへの論評をOさん、H澤さんのスピーチへの論評をY村さん、M井さんのスピーチへの論評をO橋さんが担当されました。
トーストマスターズには先生はいないため、論評者の観点でよかった点や改善点を指摘します。今回も論評者の観察力やするどい改善項目の提示、表現力に感心しきりでした。
総合論評を担当するのは私、T上。論評者への論評や、例会全体への論評を行い、例会に参加したすべての方にとって参加したことがプラスとなることを目指し論評しました。


最後に受賞者の発表。
ベストテーブルトピックス賞になんとゲストのI原さん。ベスト論評賞にO橋さん。ベストスピーカー賞にS波さん。受賞された皆さん、おめでとうございます!

参加人数は少な目ではありましたが、だからこそか密度の濃い、充実した例会となりました。
皆さん、本日もお疲れ様でした!