立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第262回例会

181014.jpg

第262回例会は10月14日(日)、13:30より、柴崎学習館作業室に於いて開催されました。
例会の始まりはY村会長の挨拶です。断捨離しすぎて危うく大事なものまで捨てそうになった話はとてもためになりました。続いて、ゲスト紹介、連絡事項、CLマニュアル交換へと進みました。本日はゲスト1人、TMゲスト1人にご参加いただきました。
その後、本日のTMOD(総合司会者)のO橋さんの登場です。
今日の言葉は私、M岡が担当し、「メリハリ」にしました。頑張るときと緩むとき、それぞれ必要との趣旨をうまく伝えられたら嬉しいです。例会中、スピーカーは意識して「今日の言葉」を積極的に使うようにします。
そして、計時係を始めとする各種役割の説明の後、いよいよ本番がスタート。
本日の準備スピーチは3名で、その内1名がエリアユーモアコンテスト練習スピーチです。
一人目のスピーカーはY武さん。
入会して初めてのスピーチです。タイトルは【私と名前とひいおじいちゃん】。自分の名前の由来とその名づけしたひいおじいちゃんとの絆や思い出を明るい笑顔で話されました。Y武さんの人柄はもちろんのこと、Y武さんのひいおじいちゃんの人の好さもよく伝わったほのぼのとした良いスピーチだったと思います。
二人目のスピーカーはK地さん。
エリアユーモアコンテスト練習スピーチをされました。タイトルは【○○アレルギー】。失恋の痛手で相手の名前(色)アレルギーになった実体験、それに関連してトーストマスターズに入会したこと、現在ご結婚されているがトーストマスターズにハマりすぎて奥さんの顰蹙(ひんしゅく)を買ったことを迫力のあるジャンプなどのジェスチャーを交えてコミカルに話され、聴衆を惹きつけました。K地さんの本番での成功を祈ります。
三人目のスピーカーはT見さん。
マニュアルは、Pathways「Innovative Planning 革新的な企画立案」レベル1 論評とフィードバックです。タイトルは【招かざる客】。別の例会で得た論評に基づいて改善されたスピーチは我が家にあれが来た!と最初から聴衆の興味をそそられました。マテリアルの使用や声の抑揚、最後にあれ(ゴ○○リ)が来ない工夫まで提案され、さすがベテランと感じさせるテクニック満載のスピーチでした。
続いて2分間のテーブルトピックスです。
テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題に対して即興で答えるスピーチのコーナーです。本日のテーブルトピックスマスターはA島さん。まだ学生であるA島さんに自身の育ちから、「あなたの名前の由来」、「あなたのチャームポイント」など、飛びつきやすいお題を提供していただきました。今回は比較的時間の余裕があったため、6名がお題に対して即興スピーチをしてくれました。それぞれ興味深いスピーチだったと思います。
10分間の休憩をはさんで、続いては論評の部です。
Y武さんのスピーチへの論評をT岡さん、T地さんのスピーチへの論評をF原さんとY村さんの2名、T見さんのスピーチへの論評をT上さんが担当されました。T岡さんは、本クラブでは初めての論評となりますが、前から他のクラブで活躍されているため、ベテランらしい的確なアドバイスをよい表現でされました。F原さん、Y村さん、T上さんは、それぞれ論理的にスピーチの良い点と改善点を挙げていました。
続いて「え~とカウンター」(Y川さん)と、「文法係」(A島さん)からの報告。
例会全体を振り返る総合論評はK島さんが担当されました。TMODをはじめ、各ヘルパーの役割説明、スピーカー、論評など、一人一人に対し、丁寧にフィードバックされていました。
いよいよ受賞者発表です。
ベストテーブルトピックス賞にT上さん。
ベスト論評賞にF原さん。
ベストスピーカー賞にY武さん
受賞された皆さん、おめでとうございます。
インタビューアーのI上さんが、本日のスピーカー賞Y武さんに質問を投げかけてくださいました。
本日も笑いが絶えない、かつ収穫が多い例会となりました。
皆さんお疲れ様でした。