立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第263回例会

181028.jpg

立川トーストマスターズクラブ第263回例会は、柴崎学習館作業室にて13:30より行われました。
本日は毎年恒例のハロウィン例会で、皆さん思い思いに仮装を楽しんでいます。
まずは例会の始まり、会長Y村さんの挨拶です。Y村さんは不思議な国のアリスに扮した青いドレス姿で登場。

いよいよ例会です。
本日の司会者(TMOD)はガチャピンの着ぐるみを着たK島さんです。

まず最初にボイストレーニング。再び登場のY村さん。
北原白秋のあめんぼの歌を全員で唱和しました。

声の通りが良くなったところで今日の言葉の発表です。

今日の言葉は囚人服姿のY川さんから「面映ゆい(おもはゆい)」が提示されました。

続いて各ヘルパーの紹介。
そしていよいよ準備スピーチのスタートです。
一人目のスピーカーは2回目のスピーチとなるK村さんです。タイトルは「ワインをエレガントに飲むために」
プロジェクターを使い、ワインの輸入品と国内産の推移につい説明をされた後、実際にグラスを持ちエレガントなマナーについてお話しされました。ご本人がワインソムリエの資格をお持ちとのことで、分かりやすい説明でとても参考になりました。

二人目のスピーカーはベテランH澤さん。タイトルは「選抜審査、ご応募ありがとう」。
教官に扮したサングラスに手作りの竹刀を持っての登場です。次世代300回マンについてユーモアたっぷりにお話しされました。途中、観客と握手をしてのコミュニケーション。場が和みました。

続いて3人目はオレンジの帽子を被り魔女に扮したOさんです。タイトルは「距離感」
人間関係は近すぎても遠すぎてもよくなく、腹6分がちょうどいい距離感。ということをはきはきと話されました。とても参考になるお話でした。


次のコーナーは、2分間テーブルトピックスです。テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題に対して即興で答えるスピーチのコーナーです。
今日の出題者はM井さん。ハロウィンに相応しくちょっと意地悪したい、ということで通常は当てられないスピーカーも当て、普段より多くの9問のお題を出してくれました。
「もらって困るプレゼント」「世界一まずいお菓子」「あなたにとって怖い場所」「いじめっこの仕返し方法」「職場にいるおばけ」「世界一小さな生き物になったら」「もらってうれしかったプレゼント」「上手く熟睡するには」
難しい質問もある中、皆さん一生懸命考えて話をされました。


休憩を挟み、論評の部です。
K村さんへの論評はY村さん。H澤さんへの論評はY川さん。Oさんへの論評はT見さん。
各準備スピーチに対するフィードバックが一人ひとりに対して行われました。

そして各ヘルパーの報告

続いて例会全体を振り返る総合論評です。
総合論評は白猫のお面を付けたO橋さん。ネクタイに付いたランプを光らせての登場です。
TMOD、各ヘルパーの役割説明、論評、会の進行など、1つ1つ丁寧に観察され、各個人や会全体がさらなる成長へとつながるコメントがありました。

本日は特別に、論評の論評がありました。本日の論評者T見さんへの論評でK島さん。
T見さんの論評について良い点・改善点についてお話をされました。


受賞者の発表。
ベストテーブルトピックス賞にM岡さん。
ベスト論評賞二人、Y村さん・T見さん。
ベストスピーカー賞にOさん

受賞された皆さん、おめでとうございます。

インタビューアーのS木さんが、本日のスピーカ賞Oさんに傾聴力やほうれんそうについて等、質問を投げかけてくださいました。

ゲスト感想。
本日2回目参加のゲストの方の入会宣言がありました。

本日総勢14人。
アットホームの中、充実した楽しい例会でした。
皆さん本日もお疲れ様でした。