立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第265回例会

181125.jpg

2018年11月25日立川トーストマスターズ第265回例会は高松学習館実習室で開催されました。
出席者は10名、ゲストは2名です。
世間は3連休の最終日ということもあり、参加人数が少ないですが、本日のTMOD(総合司会者)のOさんが盛り上げてくれました。

今日の言葉は引き続きOさんが担当で「有意義」です。例会にぴったりの使いやすい言葉です。
役割説明が終わった後は、まずは声慣らしのためY村さんによるボイストレーニングです。通常は印刷したものを皆で読む形式ですが、今回はY村さんが読み上げたものを皆で復唱する流れでした。聴覚のみの早口言葉は難しかったですが、脳のトレーニングにもなり活性化された気がします。

いよいよ皆さんお待ちかねのメインである準備スピーチです。
本日のスピーカーはそれぞれ全く違う個性を持った御三方です。
まず1人目のスピーカーはO橋さんです。
タイトルは「よろしくお願いします」です。
O橋さんは元々とても人見知りで幼稚園の頃、星の王子様と呼ばれていたそうです。それはかわいらしいという意味ではなく、口数が少ないという意味でそう呼ばれていたそうです。現在は仕事で営業をバリバリこなしているO橋さんですが、コミュニケーションは必要だと感じ、トーストマスターズへの入会を決意したそうです。人見知りだったなんて微塵も感じさせない、そして熱意を感じるスピーチでした。こちらこそこれからもよろしくお願いします。

2人目は天然キャラ爆発M井さんです。
タイトルは「フラメンコと私」です。
運動不足解消のために始めたフラメンコにハマり、その魅力を語ってくれました。フラメンコ素人の聴衆にもわかりやすいように基本の4種類のステップを披露したり、構成について説明してくれました。フラメンコを続けていく途中での挫折や転機を交えてのフラメンコへの情熱が伝わるスピーチであり、M井さんにとってのフラメンコはかけがえのない存在なのだと痛感しました。
最後に諦めていることがあれば挑戦すれば新しい世界が広がるとのメッセージしっかり受け取りました。

3人目はF原さんです。
タイトルは「たちかわ市民講座」です。
来年1月に予定している立川市の市民講座で開催されることになった話し方講座の宣伝とサポーターの募集をかけました。
講師は全国大会1位を2度も制覇しているという他クラブのカリスマ講師らしいです。この講座はメリットだらけで、何と言ってもカリスマ講師の講座を受けながらスキルupでき、人脈も広げられ、それでいてお金も貰えてしまうというこの上なくお得な講座です。これは絶対参加するべきですね。年始めに立川市民の皆さんと一緒に学んでみてはいかがでしょうか?

準備スピーチの後は、テーブルトピックスです。
マスターはI上さんです。
テーブルトピックスはマスターがお題を出し、当てられたメンバーは即興でスピーチをするというドキ×2ハラ×2のコーナーです。
今日のお題は秋に因んだお題でした。秋の果物やおすすめの紅葉スポット、秋のイベント等役立つ情報や思い出話も出て、とても楽しい時間を過ごせました。

休憩の後は続いて論評の部です。
スピーチに対しての論評をしていきます。
O橋さんの論評はOさん、M井さんの論評はK島さん、F原さんの論評はT上さんでした。フィードバックされた内容を踏まえて次回はさらに磨きをかけたスピーチ頑張って下さい。
論評の部の締めは総合論評のY村さんが全体の論評をしていきます。
細かい部分まで一人ずつの言動を評価し、すっきりまとまっていた論評でした。
聴衆を飽きさせない、笑いあり感動ありのさすがY村さんです。

次は受賞者の発表です。
ベストテーブルトピックス賞:Tさん
ベスト論評賞:K島さん
ベストスピーチ賞:F原さん

受賞された皆さんおめでとうございます。
今後も素晴らしいスピーチを期待しています。
ベストスピーチ賞を獲得したF原さんにはM岡さんよりインタビューがありした。

最後はゲスト感想とCC達成の表彰で本日の例会は終了となりました。
今日は人数も少なく、よりアットホームな例会だったと思います。
皆さんお疲れさまでした。明日からまた頑張りましょう!