立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第274回例会

190331.jpg
第274回例会は3月31日(日)、13:30より柴崎学習館作業室に於いて開催されました。

本日は会員出席者7名とやや少なめな中、入会を表明して頂いたK野さんを含めた、3名のゲストにご参加頂きました。
Y村会長の明るさ満点のオープニング挨拶に始まり、ゲスト紹介、連絡事項、CLマニュアル交換と進み、ベテランTMOD(総合司会者)のS波さんにコントロールが渡されます。
S波さんは定年後に嘱託として働くシニアという職場のおじい様方に、定年前よりぐっと給料が下がったことを理由に仕事を選ぶ姿勢はおかしい、年長者こそ若者のお手本であってほしいという、考えさせられるエピソードとともに例会を進行していきました。

今日の言葉は「円満」。普段は知ってはいるけど使わない言葉を、語彙を増やすために提示するこのコーナーですが、比較的使いやすい言葉でメンバーは発言する際に今日の言葉をうまく組み込んでいる姿が見られました。

役割の説明では参加人数が少な目な今回はダブル、トリプルで役割を行う方が多かったですが、役割説明をスムーズにこなされ例会をしっかりと支えていらっしゃいました。

本日の例会のメインはいつもの準備スピーチではなく、立川TMCの属するエリア21を統括するエリアディレクターM井さんによる「アサーティブコミュニケーション」というテーマでのワークショップが行われました。
内容としては、自分を卑下したり相手に攻撃的になったりするのではなく、自分も相手も尊重してコミュニケーションをとるスタイルを身につけましょう、というものでした。
特に行列に割り込まれた時のくだりで、「割り込まないでください」ではなく、「私のほうが先に並んでいたのですが」でもなく、「列の後ろはあちらですよ」と返すと驚くほど事態が丸く収まるという話は目からうろこが落ちかかりました。

続いては楽しい2分間のテーブルトピックス。その場で与えられたお題に対して即興で答えるスピーチのコーナーです。
テーブルトピックスマスターはT上さんが務められ、年度末、新年度、春、新元号など豊富な時事ネタの宝庫であるこの時期にちなんだお題で進められました。
今回は7名がスピーチをされましたが、そのうちゲストの方もお話しされました。ゲストの方には拒否権があるものの行使せずに、「平成の31年間を漢字一文字で表現してください」というお題を見事にクリアしました。


続く論評の部ではH澤さんが担当されました。
トーストマスターズには先生はいないため、論評者の観点でよかった点や改善点を指摘します。論評対象はワークショップを行ったM井さん。今回も論評者の観察力やするどい改善項目の提示、表現力に感心しきりでした。また例会全体への論評を行い、例会に参加したすべての方にとって参加したことがプラスとなることを目指し論評されました。

最後に受賞者の発表。
ベストテーブルトピックス賞になんとゲストのK野さん。受賞おめでとうございます!

参加人数は少な目ではありましたが、だからこそか密度の濃い、充実した例会となりました。
皆さん、本日もお疲れ様でした!