立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第277回青空バーベキュー例会

190519.jpg

2019年5月19日(日)は立川&府中&所沢の青空合同例会です。立川の昭和記念公園の広場で例会を行いました。

今年は、嬉しいことに府中、所沢のクラブと共に総勢33名が集まりました。
広場の木陰にシートを敷いて、立川副会長のY川さん、府中会長のT口さん、所沢会長のS見さんの号令で開催されました。この日は天気が良いせいか、周りにはたくさんの人たちが行楽に訪れていました。
本日の総合司会は所沢のO田さん。「周りに向かって元気よくスピーチ」しましょう! と大号令。
今日の言葉は立川T見さん、「恭(うやうや)しい」。意味は、「相手を敬って、礼儀正しく振る舞うこと」です。まさに合同例会にふさわしい言葉ですね。
さて、役割説明の後、いよいよ準備スピーチです。
本日は5つの準備スピーチが行われました。
1番目のスピーチは、「幸せって何だろう」。府中のLさんです。興味深いお話ですね。幸せって、「この瞬間を大事に生きること」「感謝し周りに貢献すること」なのだそうです。うん、うん、納得!みなさん感心していました。
2番目のスピーチは、「試練は私に何を期待してるのか」。所沢のN宮さんです。試練とは、「自分に足りないものを教えてくれて、自分のスキルを磨くチャンスなんだ」と。とても前向きなスピーチでした。
3番目のスピーチは、「路地裏とオイラ」。所沢会長のS見さんです。路地裏ガレージマーケットという毎週日曜日に開催されている様々なジャンルのこだわりの店舗と、そこでの人々との触れ合いについて紹介してくれました。心温まるお話でした。
4番目のスピーチは、「この歳で新たな気づきを得た」。立川のT岡さん。スピーチコンテスト、エリア3位になったことをきっかけに、これからの10年を2倍に楽しむための目標を、みなさん語ってくれました。目標達成の秘訣は、みなさんの前で宣言することです。がんばれ!
5番目のスピーチは、「血は争えない」。所沢のH山さん。自分の娘が質問魔で、ものの仕組みを知りたがる。自分、父も昔そうだった。まさに血は争えない! ですね~。

途中、周りの人の声やカラス、ヘリコプターなどで、スピーチを邪魔するものもありましたが、そこはご愛嬌。みなさん、楽しく、すばらしいスピーチでした。その後の論評の部も聞きごたえ十分。スピーチを称えるすばらしい論評が繰り広げられました。

最優秀スピーチ賞は所沢のN宮さん、最優秀論評賞は、府中会長のT口さんでした。おめでとう!

お昼は、みなさんお待ちかねのバーベキュー。おいしいお肉や焼きそばも食べられて、みなさん大満足でした。
みなさん、お疲れ様! 来年もまた青空合同例会をやりましょう!!!