立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第288回例会

190929.jpg

本日もK会長の和む身近なお話しから例会は始まりました。会長はくだらない話を毎回話します。と言っていますが、とってもタメになる楽しいお話しが聴けて毎回楽しみです。

司会はすっかり古株となり我がクラブのムードメーカー、毎回辛口毒舌論評でおなじみのSさん!!私はすっかりSさんの論評にハマってしまい、スピーチする時には、Sさんに論評を指名でお願いするぐらい愛のある論評をしていただけます。もちろん司会もピカイチでした。

本日のスピーチは、4本。

1人目のスピーカーは、Tさん、スピーチコンテストに出場されるため、他クラブから練習にお越し頂きました。タイトルは、「マルイチ」で、3日間で離婚し、「バツイチ」になったけど、離婚をネガティブに捉えるのではなく、前向きに生きて行くと言う、とても勉強になる心に響くスピーチでした。

2人目のスピーカーは、Kさん、タイトルは、「硫黄島」で、戦死した遺骨収集にボランティアとして参加したエピソードと思いを涙ながらにスピーチされました。今もなお、現地で1万人以上もの遺骨が島に眠っていると知り、何とも言えない気持ちになり、今あるこの平和に改めて感謝しました。

3人目のスピーカーは、Iさん、タイトルは、「健康寿命を伸ばそう」で、プロジェクターを用いて、とても解り易く、健康寿命を伸ばすには、どうしたらいいか?を実演も交えて、スピーチされました。スロートレーニングが効果的とのこと、私も習慣にしていきたいと思いました。

最後のスピーカーは、Fさん、タイトルは、「ミッション」で、何のために会社はあるのか?と聴衆に問いかけ、身近な会社を例にその会社のミッションをスピーチ、その後、Fさんにとって、自分自身のミッションは?と考え、「本当にやりたいことは何なのか?」と考え、現在に至った経験談、そして私も改めて考えるきっかけになった深い深いスピーチでした。

その次は、ワクワクドキドキイヤイヤなテーブルトピックスのお時間です。通常は、お題に対して2分間前後でスピーチするのですが、本日は短い、1分間前後でスピーチします。「〇〇の良いところをスピーチしてください」とのこと、多くの人がスピーチしました。たまにはこういうのも良いな~と思いました。

最後に、論評です。スピーチに対して、フィードバックをして、良いところ、そして改善点をそれぞれ論評者の視点でスピーチします。新たな気付きとなり、今回も感心させられてしまいました。

その後、それぞれの優秀者の発表がありました。本日もあっという間の二時間半でした