立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第291回例会

191110.jpg

第291回例会が、柴崎学習館作業室にて開催されました。

■開会
 K会長による開会挨拶は「くだらない話」がモットーです。今回の開会挨拶は北海道出張土産の話でした。共感できる内容が、「くだらない」と思わせつつ場を和ませていました。さすが会長です。
 本日の司会は、立川クラブきってのインテリ系、F原さん。トーストマスターズ歴10年、総合司会は11回目だそうです。説得力と安定感のある司会ぶりです。F原さんは、本日のボイストレーニングも兼務しました。皆で声に出して読み上げたのは、なんと「般若心経」です。宗教とは関係ないけど、奥様の希望で四国の88か所を回ったのだそうです。最後にすっかり上達した「般若心経」を披露。聞いていて心が洗われるようでした。私も興味はあったけど、般若心経を読んだのは初めてでした。こんなボイストレーニングも楽しいですね。

■ヘルパー紹介
 本日の例会をサポートしてくれるヘルパーの紹介が行われました。
 最初の役割は、今日の言葉。参加者の語彙力を高めるため、例会中なるべく使う言葉を紹介します。担当したのはT子さんです。紹介された言葉は「胸を打つ」。意味は、「感銘を与えること、感動させること」です。その後、各係よりそれぞれ説明をしていただき、お待ちかね本日の準備スピーチがスタートです。

■準備スピーチ
 準備スピーチとは、トーストマスターズクラブの用意するマニュアルを参考に事前準備してから行う、おおむね5-7分のスピーチです。本日は2人のスピーカーがスピーチを披露されました。
 1人目のスピーカーは、短歌を趣味に持つK野さん。その趣味を活かしたスピーチでした。最近大きな被害があったばかりの、台風19号、21号から、行政の対応への思いを歌にしていました。
 2人目のスピーカーM岡さんは、洗濯物を干すことを完全にやめたそうです。それを可能にしたのは洗濯乾燥機。リサーチ力もさることながら、ユーモアに富み、店頭販売のようなスピーチでした。

■テーブルトピックス(即興スピーチ)
 続いて2分間テーブルトピックス。テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題に対して、即興でスピーチをするコーナーです。テーブルトピックスマスターのH澤さんは、時事問題をテーマに5問出題しました。お題は「秋について」「私の災害対策」「私が運転するうえで気を付けること」「あなたにとって平成とは何でしたか」「私のスポーツ体験」といったお題が出されました。

■論評
 論評の部では、準備スピーチの良かった点やこうしたらもっと良くなるという点を第三者から見てのコメントが行われました。最後に例会運営全般への論評が行われました。今日は他クラブからお越しのゲストさんにもヘルパーをお願いしました。急なお願いにもかかわらず、快く引き受けてくださり助かりました。有難うございます。

■授賞式
 準備スピーチ、テーブルトピックス、論評の優秀者を表彰しました。みなさんおめでとうございます!
 
 今回も充実した内容の例会となり、楽しいひとときでした。