立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第296回例会

200126.jpg

第297回例会の開催記録をお届けします。
この日は年に一度のクラブコンテストの日でした。2/29に開催されるエリアコンテストの出場権をかけて熱いスピーチの戦いが繰り広げられました。

■クラブコンテスト
多くのスピーカーが5-7分のスピーチを行い、出席者の投票結果から上位2名がエリアコンテストへ出場することができます。
今回は、なんと!6名ものスピーカーが立候補、、、したのですが、体調不良などがあり3名のスピーカーのスピーチ披露となりました。寒い時期ですので、みなさん体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

1人目のスピーカーは、
「自分のために」というタイトルで生きる意味について話をされました。とある研修に参加されたのですが、その講師から生きる目的についてダメ出しを受けたそうです。そこから生きる意味とは、なんなのかを考えマズローの欲求5段階説から自己実現欲求を満たしていこうと決意されたとのことです。何回も話題に上りますが、何の研修なのか、いまだに謎です。気になる・・・

2人目のスピーカーは、
「心の壁について」というタイトルで、経済学者の先生の講演を聴き、現代をどう生きるかについて気づきを得たとのことです。昔は、経済のピラミッドの底にいる人々は上に這い上がることはできませんでしたが、現代はピラミッドの頂点がつぶれ、台形的な構成になっているとのことです。そんな中では、人と人とのつながりを通して選択の幅を広げることが必要とのことでした。難しい。。。けれど、ただ経済的な成功を求めるのではなく、人の関係性にこそ意味があるのかなと感じました。

3人目のスピーカーも、
「決める、そして承認する」というタイトルで、仕事上の女性パートナーとのエピソードを話されました。そのパートナーの方は家庭で非常につらい経験をされたとのことですが、一緒にその苦難も乗り越え、ビジネスを軌道に乗せたとのことです。そんな中、そのパートナーが重い病気を患い、一時期自暴自棄になったそうです。そんなときでもスピーカーの方は、パートナーを励まし続け、それによりパートナーがお子さんとの時間を精一杯大事にできるよう考え直してくれたとのことでした。

■授賞式
この中で上位二名が選出され2/29のエリアコンテストに出場されることになりました。おめでとうございます!ご健闘をお祈りしております!