立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第323回例会

第323回例会

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ春の入り口を感じる今日この頃。立川TMC例会がオンラインで開催されました。

■オープニング
この日はまず新たなメンバーの入会式を行いました。実はベテランの方だったことがこの日発覚。
これからいろいろ頼りにさせてもらいます!
続いて「今日の言葉」が紹介されました。
語彙力を増やすために例会中意識的に使ってみようという言葉です。
今日の言葉は、「すこぶる/頗る」。
意味は、程度がはなはだしいさま、非常に、たいそう。
頗る楽しい例会にしていきましょう!

■準備スピーチ

準備スピーチはあらかじめ準備をして披露する7分前後のスピーチです。本日は3名のメンバーが準備スピーチをされました。

1人目の準備スピーカーは、「やる気スイッチオン」というタイトルでやる気の入れ方について話されました。
やる気を入れるためには、ズバリ物事をやり始めることです。やっているうちに、やる気が出てきます。
でもなかなかやり始められないから困っているということで、どうやったらやり始められやすくなるかを話されていました。
体験コースとしてこの立川TMCのwebサイト作成のプロジェクトもあります。
ご興味ある方はぜひご参加ください!

2人目の準備スピーカーは、「叩けよ、さらば開かれん」というタイトルで、昨年9月に実施した立川TMC、府中TMC、所沢TMC 3クラブの合同例会の準備と開催についてお話されました。
昨年初夏にクラブ内のKさんから突然の無茶ぶりを受け、合同例会の主催をしてみないかといわれたそうです。
無茶ぶりからスタートしたものの、他クラブの担当者と様々な議論をしながら、プロの噺家を招いての合同例会を開催したりなど様々な経験ができたとのことです。
まずは挑戦してみることのすばらしさを話されていました。あれっ、筆者もイニシャルがKで、なにか身に覚えが・・・

3人目の準備スピーカーは、本日入会された方で、タイトルは「トーストマスターズクラブと私」。
実は約10年のトーストマスターズの経験者とのことでこれまでの経歴を話されました。
最初のクラブでは、会自体が非常に活発で非常に有意義に、例会後の飲み会が激しすぎて、続けることができなかったそうです。
他にも都心のクラブで会長を務めるなど様々な役割を務めてこられましたが、お仕事の都合で一時的にトーストを離れてしまったそうです。
この度、改めて立川TMCとして再出発を切られるまでの経緯を話されていました。
ようこそ立川TMCへ!これからよろしくお願いします!

■テーブルトピックス
テーブルトピックスとは、その場で与えられたお題について2分程度の即興でこたえるスピーチです。
この日のお題は、
1. 好きな季節とその理由
2. ひそかな楽しみ
3. 旅の思い出について

この中で「ひそかな楽しみ」についてピックアップします。なんですが、あまり秘密ではありません。
このお題のスピーカーは非常に多趣味でアウトドアやスポーツなど様々なことにチャレンジされています。
その中でも、特に力を注いでいるのがバドミントン。仲間と週末に集まって、熱中してやっていたそうです。
コロナでなかなか集まる機会がなくなってしまったとのことですが、早く集まれるといいですね!

■論評
何事もやりっぱなしでは、成長はありません。
立川TMCでは、先生はいませんが、メンバー同士でよいところ、改善点を指摘しよりよいスピーチ、よりよい会の運営につなげていくのがこの論評です。
各論評者がスピーチについて、例会運営についての改善点を指摘してくれました。

■閉会
各セッションのベストスピーカーと、最もお正月らしいものを披露したベストお正月賞の授賞式が行われました。
ベストお正月賞は手作りの伊達巻!おめでとうございます!