立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第351回例会

立川トーストマスターズ第351回例会は4月10日(日)にハイブリットで行われました。
まずは、会長のS波さんの挨拶からスタートです。
桜の時期と言う事で、自転車に乗って桜の名所を通って実家に行ったそうです。
久しぶりに往復2時間も自転車を漕いだら、腰と足が痛くなり、コロナの影響でステイホームが長引き体の衰えを感じたそうです。
早くコロナが終息してほしいですね。
続いて、T丸さんの入会式です。
T丸さんの入会動機は、クラブの雰囲気が良かった事、人前で話すのが苦手なので、上手に話が出来るようになりたいとの事です。
一緒に頑張っていきましょう!

続いては、ビジネスセッションです。
今日のTMOD(司会者は)I上(M)さんです。
最近、滑舌トレーニングを始めたそうです。アナウンサーのように話せるようになりたいとの事でした。
続いては、ヘルパーを紹介します。
「今日の言葉」担当は、神楽坂TMCからのゲストH川さん「可憐」という言葉を選びました。
「時計係」はT島さん
「集計係」と「文法係」はダブルエントリーのM井さんです。
「えーとカウンター」はダブルエントリーのH川さんです。
ゲストの方にも活躍してもらうのが、立川TMCです。
この例会記録を書いているのは、記録係のT見です。

役割紹介を終わったところで、例会のメインイベント準備スピーチのセッションに入ります。
1番目のスピーカーはO澤さんです。
タイトルは「縁の"舌"の力持ち」
歯の矯正の為に上顎に装置を装着したら、舌が動かし辛くなり困ったことが2つ生じたそうです。
1 食事が食べにくくなった。
2 発音がし辛くなった。
舌の機能が衰えると、この2つの症状が起き、流動食しか食べられなくなったり、コミュニケーションがうまく取れなくなるので、普段から舌の筋肉、口周りの筋肉を鍛えたりして舌の機能が低下しないようにしようと思ったそうです。
2番目のスピーカーはS波さん
タイトルは「メンターからの教え」
メンターとは、良き指導者、優れた助言者、恩師という意味があるそうです。
恩師と言えば、アニメの「エースをねらえ」のお蝶婦人に憧れ、テニス部に入会した時の顧問の先生を思い出すそうです。
厳しい先生だったけど、無名の弱小チームを東京都の代表として関東大会出場に導いてくれたそうです。
先生の熱血指導が、その時は苦しかったけど、今は先生の指導によって、素直さ、努力する事、感謝の気持ちを持つことの大事さを学べたそうです。
先生に学んだことに感謝しながら、現在はTMCで自分磨きを行っているとの事です。
3番目のスピーカーはRスキさん
タイトルは「六つの帽子」
六つの帽子は、一人もしくは二つのチームがプロジェクトを進めるうえで、必要な思考方法を六つの色の帽子に例えてわかりやすく説明したものだそうです。
六つの帽子 緑色の帽子は創造性、白い帽子はデータ、赤い帽子は情緒、黄色い帽子はポジティブ、青い帽子はマネージャ、黒い帽子は懸念
最初は赤い帽子を被っていたRスキさんは、これまでの人生で努力をしたことによって他の色の帽子を増やしてきました。
でも、まだ全部の帽子を手に入れられていないそうです。
これから、まだ足りない帽子を手に入れる事で、夢を実現させるとの熱い思いをスピーチしてくれました。

後半は論評の部です。
論評の部、司会を担当するのはK島さんです。
論評とは、TMCの会員が、スピーチをした会員の良かった点や改善点を教えてあげる、先生役のような役割です。
まずはO澤さんのスピーチへの論評です。
論評者はKムさんです。
良い点 3点
改善点 1点
O澤さんのボディーランゲージ・発音・スピーチの構成を良い点として挙げていました。
良い点が中心で、モチベーションが上がる論評でした。
次はS波さんのスピーチへの論評です。
論評者はN村さんです。
良い点3点
改善点1点
良い点は、ビジュアルエイド(視覚効果)の使い方がどう良かったかを具体的に説明していました。
改善点は、メッセージ性について、どのようにすれば更に良くなるかなど、次につながる論評でした。
次はRスキさんのスピーチへの論評です。
論評者は神奈川TMCからのゲストS石さんです。
良い点3点
改善点2点
スピーチ構成を中心に良い点を挙げていました。
改善点は、ビジュアルエイドの使い方について、更に効果的にする方法をアドバイスしていて、わかりやすい論評でした。

続いては、「今日のことば」カウント報告はH川さん
今日の言葉を使用したのは、O澤さん、S波さん・Rスキさん、K島さん、それぞれ1回でした。
続いて、えーとカウンター報告もH川さんです。
「えーと」「あのー」を多用してしまった人はほとんどいませんでした。
続いては、文法報告です。報告者はM井さん
沢山良いフレーズを拾っていました。
誤った言葉の使い方も報告していて、集中してスピーチを聴いていることに感銘しました。

論評の部、最後は例会全体を論評する総合論評です。論評者はK島さん。
ユーモアを交え、スピーカーの良い点や改善点を的確にアドバイスしていて、励みになる論評でした。
いよいよ本日の例会も佳境です。

本日の最優秀賞の発表です。
最優秀論評賞 受賞者はS石さん
続いて最優秀準備スピーチ賞 受賞者はO澤さん
受賞者の皆さんおめでとうございます。
ここでビジネスセッションは終了です。

例会の途中で、我が立川TMCの代表でディビジョンコンテスト(スピーチコンテスト)に出場しているS藤さんのスピーチを挟み、とても充実した例会でした。
次回の例会は4/24(日)13:30~ ハイブリッドです。
ゲスト参加大歓迎です。
是非ご参加ください。