立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第361回例会

220911.jpg
2022年9月11日第361回例会は、オンラインシステムのZoomと、柴崎学習館調理室の現地で開催されました。

本日のTMOD(総合司会)を担当したのはT丸さんです。
冒頭の挨拶では、大阪出張中に観光でオススメのスポットへ行きたいが行けていない。でも先延ばしにしているのではなく、取り敢えず出て、それからやっていければと考えていると話しました。
初めての総合司会で、「どうぞご容赦ください」と言いながらも、しっかりと役割を務めました。

◆今日の言葉
今日の言葉を担当したのはO澤さんです。「副詞を取り上げるのが好き」ということで選んだ言葉は「よしんば」です。「仮に○○だとしても、××しない」というように、後ろに否定の言葉がきます。例会の間に、この「よしんば」を取り入れてスピーチすることで語彙を増やしていきます。多くの方が取り入れてスピーチしていました。

◆準備スピーチの部
1. 一人目のスピーカーはS藤さんです。
タイトルは『立川市ピアノ愛好会解散スピーチ』
S藤さんのスピーチの課題は、ソーシャルスピーチを行うことです。
S藤さんは、2001年に立川市の広報で募った40歳以上のピアノ学習の講師を務めました。10回の講座終了後も、生徒さんの「S藤先生のピアノを習いたい」との声に続いたピアノ愛好会が10月で解散になり、思い出を語りました。生徒さんへ向けた温かい、希望に満ちたスピーチでした。

2. 二人目のスピーカーはKさんです。
タイトルは『雨に濡れたい』
  Kさんのスピーチの課題は「リサーチとプレゼンテーション」です。
  最近、仕事が大変で寝不足とストレスを抱えていたときに、ふと、「雨に濡れたい」と
思ったそうです。そこから、「雨は汚いのか?綺麗なのか?」を考えていきます。発想が面白く、リサーチ力と、綺麗で分かりやすいスライドで、見事に課題を達成したスピーチでした。

3. 三人目のスピーカーはM井さんです。
タイトルは『ライオンとネズミ』
M井さんのスピーチの課題は「自分のユーモアセンスを知る」です。
M井さんの息子さんが小さい頃、よく絵本を読み聞かせてあげていましたが、読まなくなってきたので、沢山の絵本を整理しはじめた時に、1冊の本が気になりました。それが「ライオンとネズミ」でした。改めて読んでみると、2500年前のイソップ物語が、現在にも通じる教訓が詰まった話だと気づくことができ、その話をスピーチしました。スライドのライオンとネズミの写真が可愛かったです。

◆テーブルトピックス(即興スピーチ)の部
テーブルトピックスマスターはS水さんです。お題を4問出しました。
1. 今年の夏の思い出
2. 夏と冬どっちが好き?
3. 夏の嫌なところ
4. 夏バテ回避方法

◆論評の部
論評の部の司会を務めたのはT島さんです。
1. 一人目の論評者はRさんです。 S藤さんのスピーチに対する論評をしました。
良い点3点あげました。①ソーシャルなスピーチだったこと ②構成 ③パーソナリティ
改善点を1点あげました。①アイコンタクト
2. 二人目の論評者はI上さんです。 Kさんのスピーチに対する論評をしました。
良い点を3点あげました。①構成 ②スライドが分かりやすかったこと ③プロジェクトの目標に沿っていた
改善点を1点あげました。①タイトルと結論のずれ
3. 三人目の論評者はK島さんです。 M井さんのスピーチに対する論評をしました。
良い点を3点あげました。①基本を改めて考えさせる教訓を含んでいたこと。 ②色々なユーモアがちりばめられていた。③構成
惜しいなと思ったところを1点あげました。①ブラックユーモアを入れてもよかったのでは?

◆最後は受賞者の発表です。
ベストテーブルトピックス賞:S波さん
ベスト論評賞:K島さん
ベストスピーチ賞:M井さん
おめでとうございます。みなさん素晴らしいスピーチでした。