立川トーストマスターズクラブ > これまでの開催記録

第366回例会

221127.jpg
こんにちは!
この度記録係を担当することになりましたT丸です。


2022年11月27日第366例会はZoomと柴崎学習館での開催となりました。

まずは会長のS藤さんから嬉しいニュースがありました。
先日26日に論評コンテストのディビジョン大会があり、
参加されたOさんの論評が素晴らしく、
また英語の部でRさんが全国大会出場されたとのことです
おめでとうございます!

今回のTMOD(司会)を担当したのはSさんです
なんと初めてのTMODとのことです。
前回のTMOD、Mさんが緊張を抑える方法としてワクワクするものを見るといいと
スピーチで紹介していたので、大好きな嵐の松潤を見ていて緊張を抑えて頑張りたいとのことでした。

今日の言葉
今日の言葉を担当したのはS石さんです。
トーストマスターズ ディビジョンIコンテストの運営に連行されることとなり
立川の皆さんにお会いできず、胸がはち切れそうで
今日の言葉としてチョイスしたとのことでした。
意味は胸が裂けて切れそうなほど期待や興奮などの気持ちでいっぱいになる
主にポジティブな文脈で使われるそうです。


準備スピーチ

井上みどりさん「八雲立つ」
Iさんの課題は戦略的な人間関係 論評とフィードバックというプロジェクトを行うことです

八雲立つ
出雲八重垣
妻龍に
八重垣作る
その八重垣を
との詩からスピーチが始まりました
作家の須佐之男命さんが
雲が幾重にも湧く出雲の地で
妻との新居に良い場所を見つけた
妻のために垣根を幾重にも作ろう
という意味だそうです
以前からずっと行きたかった出雲に行くことができたとのことで
出雲についてのスピーチでした。
稲佐の浜・出雲大社・島根県立古代出雲大社歴史博物館・出雲のグルメなど
様々な魅力についてスピーチされました。
出雲大社については正式名称は出雲「おおやしろ」と言うそうで
国宝にもなっている本殿は何と高さが24 mあり、
平安時代にはなんと高さが48mあったそうです。
出雲の魅力が伝わる素晴らしいスピーチ、ありがとうございました。


二人目の準備スピーチはTさんです
タイトルは「プロジェクト終わりました」
前回の例会で行われたスピーチ「ロボット始めました」に対抗して「プロジェクト終わりました」に決めたそうです。
Tさんのスピーチの課題は「革新的な企画立案・プロジェクトの効果的な管理時間」です。
このプロジェクトは去年10月から始まり、やっと今日終わったとのことで、
最初は会員の満足度を調査しようと考えておりましたがメンバーから提案があり、さらに役に立つものにしようという意見をいただきました。そこで、チームでワークショップを運営することになりました。今回自分に課したテーマは柔軟性で、様々な意見を取り入れることで、ワークショップは見事成功しました。とのことでした。
Tさん、ワークショップ本当にお疲れ様でした!

三人目の準備スピーチはSさんです
タイトルは「人は見た目が100%」
Tさんのスピーチの課題は「自分に合うコミュニケーションスタイルを理解する」です。
タイトルを目にした時正直ドキッ!としました。
自分は顔が良くない方なので
人は見た目が100%!?どうしようもないじゃないか!と思いました。
でもSさんのスピーチの中で
"顔を変えることもできないしどうしたらいいのって私思ったんですけど
同じように思った方 安心してください
逆を言えばパッと見印象が良ければいいんです"
との件があり、さらに解決法も教えてくれました。
"なぜなら私たち 投資と思ったんですよ最大の武器がある
じゃないですか トーク力とコミュニケーション力です
なのでとりあえず イケメン風美人風を装っていれば大丈夫です
清潔感を出し常に 笑顔でいればあの人なんか
感じ良さそうって思ってもらいます"
自分もこれから清潔感を出し常に笑顔でありたいなと思います。
素晴らしいスピーチ、ありがとうございました。

続いて、テーブルトピックスのコーナーです。
テーブルトピックスは出されたお題について即興で1~2分のスピーチを行うため、ドキドキ・ハラハラする展開が魅力です。
テーブルトピックスの司会はRさんです。

1つ目のお題 気になった料理・作りたい料理を教えてください。
このお題に当たったのはFさん
Fさんは料理ができるそうでなんとタンドリーチキンを作ったとのこと!
タンドリーチキンは本当はタンドールという壺で焼かないといけないが、
オーブントースターでも焼けるらしく、クックパッド上にあるレシピを使って料理をしたとのことでした。

二つ目のお題は 気になったデザートとかケーキを教えてください
このお題に当たったのはSさん
Facebook上でシャインマスカットが上にたくさんあるケーキが気になり凄く食べたいとのことで、個人的に好きなケーキはイチゴのショートケーキで
イチゴとふわふわのスポンジと生クリームのあの配分っていうか、すっごく幸せを感じて、ショートケーキ大好き!というなんだがお腹が空いてくるスピーチでした。

三つ目のお題は ブラックフライデーで買いたいものを教えてください
このお題に当たったのはIさん
叶姉妹がブログで紹介していた桃のタルトがあって探していたが
売っていなくてそれを買いたいそうです。1つ目・2つ目のお題に続き、こちらもなんだかお腹の空くスピーチでした。

後半は論評の部です。
論評の部、司会を担当するのはOさん。
論評とは、TMCの会員が、スピーチをした会員の良かった点や改善点を教えてあげる、先生役のような役割です。

まずはIさんのスピーチへの論評です。
論評者はS藤さんです。
良い点 3点
改善点 1点
良かった点
構成が素晴らしかった
効果的に数値を使っていたのがとても良かった
東京から出雲への交通費 飛行機 新幹線 夜行バス
4種類の値段の比較ができたこと
を挙げていました。
準備スピーカーの心に寄り添った素晴らしい論評だったと思います!


次は2番目の準備スピーカー Tさんのスピーチへの論評です。
論評者はKさんです。
良い点 2点
改善点 3点
良かった点
スピーカーTさんの自信
「堂々とされていて この人の言ってることだったら、素直に聞けるなっていうふうなことをすごく感じることができました」
このプロジェクトの中で学んだところを言葉に出されていたっていうところ
論評の通り堂々とされていてついスピーチに集中してしまう魅力があったスピーチでした。

次は3番目の準備スピーカー Sさんのスピーチへの論評です。
論評者はゲスト参加のHさんです。
良い点 3点
改善点 2点
良かった点
スピーカーTさんの自信
最初の質問
「これでもうスピーチに 引きつけられました」
スピーチの中のエピソードが楽しかった
解決策がですね明快で分かりやすかった
具体的なエピソードと明確な解決案の提示をされていて非常に解りやすいスピーチでした。

本日のベストテーブルトピックス賞は
Fさんですおめでとうございます
ベスト準備スピーカーはSさんです
ベスト論評者賞はS藤さんとHさんでしたおめでとうございます!


次回は12/11 第367回オンライン+柴崎学習館作業室のハイブリッド例会です。
ぜひぜひ遊びに来てください☆